まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

「読書感想(コミック含む)」 一覧

読書感想「アヘン王国潜入記」高野秀行著

高野秀行さんの「アヘン王国潜入記」 「アヘン王国潜入記」を読みました。  氏がミャンマー北部、反政府ゲリラが支配するワ州、アヘンを栽培している村に単身5ヶ月滞在(村以外は2ヶ月で都合7ヶ月)します。 ...

読書感想「青の炎」貴志祐介著

青の炎  貴志祐介さんの「青の炎」を読みました。  話の内容はシンプルですが、設定や諸々の描写はとてもリアルでした。  殺人を犯すのは高校生なので稚拙な部分もあるかと思いきや、かなり周到に計画されます ...

読書感想「邂逅の森」熊谷達也著

マタギの一生を描く「邂逅の森」  熊谷達也さんの「邂逅の森」を読みました。  平成16年上半期、第131回の直木賞を受賞しています。  また、平成16年の山本周五郎賞受賞作品でもあります。 マタギの一 ...

読書感想「大空のサムライ」坂井三郎著

世界的ベストセラー「大空のサムライ」  坂井三郎さんの「大空のサムライ」を読みました。  氏の著作はほかにもいくつか読みましたが「大空のサムライ」が一番おもしろかった。  大東亜戦争関連の書籍のなかで ...

読書感想「今夜、すべてのバーで」中島らも著

今夜、すべてのバーで  中島らもさんの「今夜、すべてのバーで」を読みました。  私は酒はほとんど飲まないので、主人公の酒の飲み過ぎによる肝硬変とか、そんなアルコールに起因した病気に対しては共感はできま ...

読書感想「ドロレス・クレイボーン」スティーブン・キング著

「ドロレス・クレイボーン」は全編モノローグ(独白)の長篇ミステリー  スティーブン・キングの「ドロレス・クレイボーン」を読みました。  全編独白で語られる長編小説です。  最初の数ページは違和感あるけ ...

読書感想「隠し剣 秋風抄」藤沢周平著

「酒乱剣石割り」が面白い!  藤沢周平さんの「隠し剣 秋風抄」を読みました。  こちらは短編集です。  木村拓哉さん主演の「武士の一分」の原作「盲目剣谺返し」が収録されています。 「盲目剣谺返し」も面 ...

読書感想「日輪の遺産」浅田次郎著

浅田次郎さんの「日輪の遺産」  初期の長篇作品で、戦時中と現代が交互に展開される物語です。  フィクションだけれど、本当にあったかも、と思わせる描写や物語の展開はさすが浅田次郎といったところでしょうか ...

読書感想「暗いところで待ち合わせ」乙一著

乙一さんの「暗いところで待ち合わせ」  乙一さんを初めて読んだ1冊です。  乙一という作家は知っていましたが、ライトノベル系……といったらラノベ作家を下にみているような感じですが、ラノベといってもピン ...

読書感想「ダークゾーン」貴志祐介著

「ダークゾーン」の感想  貴志祐介さんの「ダークゾーン」を読みました。  将棋をモチーフにした、ファンタジー……でしょうか。  舞台は、いちおう軍艦島のようですが、電脳系というかゲームの世界に入って戦 ...

読書感想「地獄の日本兵」飯田進著

※管理人の他ブログからの転載です。 地獄の日本兵……正しくは地獄を見た日本兵でしょう  飯田進さんの「地獄の日本兵」です。  飯田進氏は、軍人ではありませんでした。  海軍の民政府調査局員としてニュー ...

読書感想「夢をかなえるゾウ」水野敬也著

夢をかなえるゾウ? ダジャレ本? 「夢をかなえるゾウ」という本は、小説だと思います。  正確には、自己啓発本寄りのエンタメ小説……でしょうか。  夢をかなえるぞ、という言葉と掛け合っていてダジャレ的な ...

読書感想「ミャンマーの柳生一族」高野秀行著

「ミャンマーの柳生一族」――ふざけたタイトルだが中身は至って真面目  高野秀行さんの「ミャンマーの柳生一族」を読みました。  旅行記としても、ミャンマーのガイドブックとしても、かなり面白い。  ま、ち ...

読書感想「功名が辻」司馬遼太郎著

巧妙が辻……タイトルがいい  司馬遼太郎さんの「功名が辻」  タイトルがいいと思います。 「功名の辻」ではなく「功名が辻」  実にいい。  「の」だと躍動感がありません。  山内一豊って、歴史的には地 ...

読書感想「黄金を抱いて翔べ」高村薫著

「黄金を抱いて跳べ」? なんて素晴らしいタイトルなんだ……  高村薫さんの「黄金を抱いて翔べ」です。  同氏の作品としては初期の長篇になります。  筋立てはシンプルです。  結末もあっと驚くようなどん ...

読書感想「安楽病棟」帚木蓬生著

帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)さんの「安楽病棟」 「安楽病棟」の前半は、痴呆病棟の患者たちが順々に独白していく、というストーリー展開。  中盤まではドキュメントタッチで、ミステリーとしての要素は低いで ...

読書感想「暁のひかり」藤沢周平著

藤沢周平さんの「暁のひかり」  表題作「暁のひかり」は大好きな短編小説です。  時の流れ、人生の儚さ、というものを痛感させられました。  切ない物語です。  泣ける、とはまた違うんですが。  読んだあ ...

読書感想「痩せゆく男」スティーブン・キング著

食べているのに痩せていく……  スティーブン・キングの「痩せゆく男」を読みました。  ジャンルはホラー系ながら、男の友情の物語……というとちょっと違うんですが、とにかく友達は大事だよね、と思った物語で ...

読書感想「ゴールデンボーイ」スティーブン・キング著

ゴールデンボーイ  スティーブン・キングの「ゴールデンボーイ」を読みました。  本作には、以下の2つの中篇が納められています。 「刑務所のリタ・ヘイワース」 「ゴールデンボーイ」  前半に収録されてい ...

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2019 AllRights Reserved.