まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

放送大学関連

放送大学の2015年1学期における単位認定試験の結果

投稿日:2015年8月19日 更新日:

LINEで送る
Pocket

放送大学の単位認定試験の結果

 2015年1学期は、放送授業は4科目選択しました(ちなみに面接授業は2科目)。
 選択した科目は以下となります。
●日本の物語文学(2013)
●文化人類学(2014)
●社会学入門(2010)
●日本文学概論(2012)

 ちなみに前期(2014年2学期)は以下の科目を選択しました。
●生活者のための不動産学入門(2013)
●歴史と人間(2014)
 2015年2学期の試験結果については以下をご覧ください。
放送大学、2014年度第2学期の単位認定試験の結果

 試験は「不動産学入門」は合格でしたが「歴史と人間」は落第したので、今回再試験でした。
 なので2015年7月の試験では5科目受けました。
 さて試験の結果ですが、今回は単位を落とした科目はありません。
 評語は以下の通りです。
●日本の物語文学(2013) B
●文化人類学(2014) Aプラス
●社会学入門(2010) A
●日本文学概論(2012) B
●歴史と人間(2014) B

 ちなみに評語の意味と点数は次のようになっています。
評語   /    点数
Aプラス(○のなかにA)/ 90~100
A / 80~89
B / 70~79
C / 60~69
D / 50~59
E / 0~49

 合格は、C以上です。
 D以下だった場合は再試験(来期に1回のみ)となります。
 もし再試験でも不合格だった場合は、単位の取得はできません。

 自分が受けた科目で、一番簡単だったのは――「社会学入門」(評語はA)でしょうか。
 過去問からの出題が半分以上を占めていたと思います。
「文化人類学」も、そんなに難しくはありませんでした(Aプラス)。
 過去問からの出題も多かったし、ストレートな問題(ひっかけではない、という意味)が目立ちました。
 ダントツで難しかったのは「歴史と人間」だと思います。
 出題の範囲が広くて、重箱の隅をつつくような問題が多かった。
「歴史と人間」は基礎科目のひとつなので簡単に違いないと試験に臨むと、かなり痛い目に遭うでしょう。

 教材の持ち込みOKだった「日本の物語文学」と「日本文学概論」ですが、ともにBでした。
 これ、持ち込み不可だったらE以下だったかも。
 問題自体は難しいです。
 自分の予想では、どちらもAぐらいだと思っていたので、ちょっと意外でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-放送大学関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.