まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

無職生活

無職になり、夜勤から解放されて、朝起きて夜眠る生活に戻る

更新日:

LINEで送る
Pocket

file6931276848375

無職になって半夜勤生活が終わった

 調理師として飲食店で働いていましたが、お店が閉店することになり、会社都合の退職ということで無職になりました。
 お店は繁華街にあって午前4時までの営業でした。
 毎日ではありませんが、週数回は半夜勤生活を送っていました。

5時間のズレ

 朝の8時までなどの勤務なら完全に昼夜逆転の生活ですが、午前4時までなので、完全な夜勤と比べるとそれほど苦労はなかったけど、普通のひとより5時間ほど時間が遅れていました。
 つまり、一般のひとにとってお昼の12時は12時ですが、半夜勤勤務の人間にとっては、お昼の12時は朝の7時ぐらいです。
 普通のひとにとっての朝の7時は、半夜勤の自分にとっては、夜中の2時と同義でした。
 夜中の12時は、自分にとっては夕方に等しかった。

午前中は結構ウルサい

 時間が5時間ずれているだけならいいんですが、午前中が騒々しかったりすると、眠りが妨げられます。
 数年に1度の割合ですが、選挙活動などは朝の9時ぐらいからやっていますから、もうウルサくてウルサくて。
 あとは、近所の家に工事などが入った場合は眠れませんでした。
 普通のひとにとっては朝の9時は活動時間ですから、こちらが寝ているからといって文句は言えませんし……。
 けど、もうそういう心配はなくなった、ということです。
 人間は、朝日を浴びて目覚めるのが一番だと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-無職生活

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.