まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「12モンキーズ」第12話「パラドックス」の感想

投稿日:2015年5月27日 更新日:

LINEで送る
Pocket

12モンキーズ

12モンキーズ第12話

 海外ドラマ「12モンキーズ」第12話「パラドックス」の感想です。
 2015年時点のコールが死にそうなので、キャシーは彼を助けるため、行動を起こします。
 2043年からコールを過去に送ったのはカタリーナ・ジョーンズですが、キャシーは2015年時点での彼女に会いに行きます。
 キャシーはカタリーナに事情を話し、2人はコールの父親に会いに行くことに。
 この回で、コールがたびたび悩まされていた、牛乳のはいったコップが割れるとかの幻覚の正体が明かされます。

 中盤以降の流れと、最後のほうは、ちょっとよく分かりませんでした。
 週一で見ているので、細部は忘れてしまっているんだと思いますが、なんかこう……ドキドキワクワクするような感じがしません。
 おお! という意外性もない。
 連続で見たら、また違った感想になるかもしれませんが。
 ウエスト7のディーコンが出てくるんですが、はてなマークが思い浮かぶ感じで、意外性は覚えませんでした。

 過去の自分、子どもの頃の自分の血を、注射で自分の体内に入れて、時の流れがぶつかるとかなんとか。
 納得できるか? できないです。
 思えば第1話でもこれがありました。
 そのときは腕時計でした。
 確かにちょっと危ういというか、微妙な展開だと思いましたが……。
 1話ではそのとき、マークリッジ社のCEO、リーランド・ゴインズが死にます。
 そのリーランド・ゴインズ、11話では若い頃の彼が登場します。
 カツラバレバレでとても違和感がありました。
 しかもその回は日本が舞台で、日本語がたくさん出てきますが、明らかに研究不足で適当な描写の連続でした。
 突っ込みながら視聴するのは良いかもしれません(笑)
 トンデモ回だと思うので、逆の意味で人気がでたりするかも。

若作りにびっくり

 リーランド・ゴインズの若い頃は違和感がありましたが、物理学者のカタリーナ・ジョーンズ(映画版では救済保険業として結末に深く関わる人物)の若い頃は……びっくりでした。
 厚化粧で誤魔化しているのかもしれませんが、こちらはあまり違和感もなく、デジタル的な補正をしているのかもしれません。
 これは一見の価値があります。
 最初は違う女優さんかも、と思ったんですが、どうやら同一人物のようです。

 この変わり身は一見の価値ありでしょう。
 動画だと、小さな所作、および首の皺とかで「若くないな」というのは分かりますが。

 次回で12モンキーズのシーズン1は最終回のようですが、この分だとあまり期待しないほうがいいような……。

海外ドラマ「12モンキーズ」の登場人物と用語
海外ドラマ「12モンキーズ」第1話「世界の運命を握る男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第2話「忍び寄る影」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第3話「逃げた男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第4話「アタリ」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第5話「ナイトルーム」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第6話「もうひとつの未来」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第7話「トロイ作戦」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第8話「スピアヘッド」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第9話「明日を信じて」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第10話「守るべきもの」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第11話「明かされる真実」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第12話「パラドックス」の感想★現在のページ★
海外ドラマ「12モンキーズ」第13話「運命」の感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.