まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

海外ドラマ「12モンキーズ」第10話「守るべきもの」の感想

      2016/02/28

LINEで送る
Pocket

12モンキーズ

ラムゼの暴走

 海外ドラマ「12モンキーズ」第10話「守るべきもの」の感想です。
 主に、2043年と2015年の出来事で構成されています。
 2043年ではラムゼの暴走!
 ラムゼには息子がいますが、コールが過去を変えてしまい、疫病を阻止すると未来が変わって息子の存在が消えるため、息子を守るという意味で施設に火を付け、スプリントをする前の注射を奪って逃走します。

 2015年では、ライリー博士とアーロンと一緒に、ウイルスの行方を探索します。
 東京のホワイトドラゴンというのは地名ではなく、お店の名前のようです。
 そのホワイトドラゴンで、コールはマークリッジ社のリーランド・フロストと会うようです。
 1話で確かそんな会話を交わしていました。

 2043年、カタリーナは注射を取り戻すため、ウィートリーを派遣しますが、エレナが死んでしまうことに……。
 ラムゼは、カタリーナの元に乗り込み、コアを破壊しようとしますが、部屋に閉じ込められてしまいます。
 銃でコアを破壊できるんじゃない? と思いましたが、ラムゼは何を思ったか科学者のひとりを脅して「俺を過去に送れ」とタイムマシンに座ります。
 ラムゼはこうして1987年にタイムスリップしました。
 そのあと、コールも1987年に向かいます。
 結末は、コールとラムゼの対決で決まりでしょうか。

 スプリントしたラムゼですが、どうやら路地裏の模様。
 道ばたに置かれた箱には、日本語らしい文字が読めます。
「天堂花」
 看板は「キット バー」など。
 次回11話の舞台は日本になりそうです。

「12モンキーズ」の第10回ですが9回の延長のような感じでした。
 そろそろ結末なので、怒濤の展開を期待しましょう。

海外ドラマ「12モンキーズ」の登場人物と用語
海外ドラマ「12モンキーズ」第1話「世界の運命を握る男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第2話「忍び寄る影」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第3話「逃げた男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第4話「アタリ」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第5話「ナイトルーム」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第6話「もうひとつの未来」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第7話「トロイ作戦」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第8話「スピアヘッド」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第9話「明日を信じて」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第10話「守るべきもの」の感想★現在のページ★
海外ドラマ「12モンキーズ」第11話「明かされる真実」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第12話「パラドックス」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第13話「運命」の感想

関連ページとスポンサーリンク

 - 映画、海外ドラマ、Huluやアマゾンビデオ関連など