まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「12モンキーズ」第9話「明日を信じて」の感想

投稿日:2015年5月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

12モンキーズ
 海外ドラマ「12モンキーズ」第9話「明日を信じて」の感想です。
 第9話は、クライマックス前の一段落というか、調整回というか、中だるみのような感じでした。

 9話の物語は3つの時間軸があります。
 2017年と、2043年、そして2041年。
 個人的には、場面がコロコロと変わるドラマはどうも好きになれません。
 大筋から外れてしまうので、どうしても展開が遅くなりますし。

 ドラマの雰囲気も物語も全然違いますが「Lost」がそうでした。
 各登場人物の回想場面が至る所に挿入されるという、なんとも後ろ向きな海外ドラマ。
 そんな大筋から離れてもLostはミステリーの部分が勝っていたから、面白かったんだろうと思います。

「12モンキーズ」は、場面が頻繁に変わって、しかも時代まで変わりますから、話の筋を追うのが楽じゃないです。
 特に2041年の話は、コールとラムゼが科学者グループに捕まる話で、そもそも1話以前のことなわけです。
 2017年では、キャリーが亡くなるので、終わりと始まりの対比という意味はあるのでしょうけど。
 終わりと言ってもコールはタイムマシーンで過去に戻りますから、キャリーとの最後の別れ、ということでもないようです。

 ま、それはよいとして、8話の続きとしては、スピアヘッドからコアと呼ばれる部品を強奪し、タイムマシーンを復活させ、コールを2043年に戻すことに成功します。
 いつになるか分かりませんが、近々、日本が舞台になりそうです。

 ドラマ版「12モンキーズ」を9話まで観た感想としては……期待外れ、かなと。
 映画が面白かったので、ちょっと期待値を上げすぎた部分もあるかも。
 海外ドラマとしては、標準的な面白さといえるでしょうか。
 映画版をみてなくてドラマ版から入ったひとなら楽しめるとは思います。
 まだシーズン1が終わっていないので、ここで作品の評価を判断するのは早計ではありますけど。

海外ドラマ「12モンキーズ」の登場人物と用語
海外ドラマ「12モンキーズ」第1話「世界の運命を握る男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第2話「忍び寄る影」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第3話「逃げた男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第4話「アタリ」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第5話「ナイトルーム」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第6話「もうひとつの未来」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第7話「トロイ作戦」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第8話「スピアヘッド」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第9話「明日を信じて」の感想★現在のページ★
海外ドラマ「12モンキーズ」第10話「守るべきもの」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第11話「明かされる真実」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第12話「パラドックス」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第13話「運命」の感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.