まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

「ホームランド」関連

海外ドラマ「ホームランド」(S1)第1話「英雄の帰還」の感想 

投稿日:2015年5月6日 更新日:

LINEで送る
Pocket

HOMELANDのキャリー

何気なく「ホームランド」を見始めたらドハマリ

 Huluを視聴中、こちらもお勧め的なリコメンドで「ホームランド」が表示されてまして、1話だけでも観てみようと何気なく見始めたんですが、2話3話、と視聴し続けるうちにすっかりお気に入りになりました。
 これは面白い。

ホームランドのあらすじ

 ストーリーを端的に説明すると「アメリカ兵捕虜がアルカイダの基地で発見されて帰国し、英雄扱いされるが、CIAの作戦担当官だけが疑惑の目を向ける」というもので、ジャンルは広義ではスリラー、およびサスペンスになるでしょうか。
 スパイドラマともいえそうです。 
 最初は、果たしてアルカイダの基地で発見されたアメリカ海兵隊捕虜は、ほんとうにアルカイダに洗脳され、テロの機会を窺っているのか?
 または、ちょっと変わったCIAの作戦担当官の勘違いなのか?
 という、何を信じればいいのか分からない的なストーリーかと思いましたが、アメリカ海兵隊の捕虜、ニコラス・ブロディ、通称ニックは、1話を見る限りは、ちょっとぼかされた感じではありますが、すでに2話では、ブロディは隠れて礼拝(サラート)しているので、洗脳済みと考えてよいでしょう。
 1話に限れば、終盤、ブロディはジョギングに出掛けますが、途中、足を止め、意味深げにホワイトハウスを眺める場面があります。
 これをもってしてテロリストだ、という論理は飛躍しすぎではあるんですが。

ブロディは嘘をついている

 ブロディのパートでは所々捕虜のときの回想場面が挿入されます。
 転向したかどうかはあやふやですが、確実なのは、ブロディは嘘をついている、ということ。
 しかし、ブロディの証言を、作中の登場人物たちは疑う余地をもちません。
 いや、ひとりだけ、CIAの作戦担当官キャリーだけが、ブロディの言葉に違和感を覚えます。

 キャリーの上司がエスティースという、テロ対策センター司令官ですが、彼のチームがブロディを救出したこともあって、疑義を挟むのは水を差すような雰囲気です。
 また、キャリーとエスティースの仲がよろしくないのもブロディに疑いの目を向けられない理由のひとつでしょう。
 かつてキャリーとエスティースは、不倫関係にあったようです。

実はキャリーは精神の病を患っている

 キャリーは、双極性障害(躁鬱病)という精神病を抱えています。
 おそらくそのような持病をもっているとCIAの職員にはなれないはずですが、設定上、彼女はその事実を隠してCIAに勤務しています。
 医師の診断書や、心理テストなどもあるはずなので、これはドラマならではでしょう。

 躁鬱病の症状とはいえないとは思いますが、けっこうキャリーという女性、感情の起伏が激しいです。
 協力者であるヴァージルに双極性障害の薬を飲んでいることがバレたキャリーは「深入りしているからいまさらやめさせない」と激高。
 キャリーが感情的になる場面は何度も登場します。
 口も悪くて「shit」「fuck」という単語を連発します。

お股を拭くキャリー

 キャリーは、男と寝ることに抵抗をあまり持っていない女性で、これは双極性障害の症状のひとつらしいです。
 けど、あからさまに尻軽な描写があるわけではありません。
 第1話の最初のほうの場面ですが、プロローグが終わって10ヶ月後、キャリーは朝帰りします。
 洗面所でキャリーは、タオルで股を拭きます。
 最初に観たときは、なにしてんだ? とちょっと驚きでした。
 ドラマの演出で、タオルでお股をごしごしと擦るなんて、見たことがなかったので。

 さりげない場面で、しかも特に重要というわけでもないので、すぐに忘れて、2回目に見直したときに気づいたぐらいです。
 これは、直接の描写もないし、想像の話になりますが、見知らぬ男と一夜限りのセックスをした、ということなのでしょう。
 ほんとうはシャワーを浴びたい。
 けど時間がないから、とりあえず股間だけでも拭く、という描写なのだと思います。

 1話の最後のほうでも、キャリーは嫌なことがあって、着飾って夜の街に出て、男を物色する場面があります。
 そのとき偶然に演奏家の指使いを見て、ブロディの怪しい点を発見したので、その夜は男と別れたようです。

 海外ドラマの第1話はたいていパイロット版で、作りが豪華というか、考え抜かれて構築されたような感じが多いですが「ホームランド」に関しては、淡々としているように思いました。
 第1話にしては、あまり飛ばしすぎてない感じです。
 抑えた描写と演出ですが、先が期待できる面白そうな導入部だったと思います。

「ホームランド」シーズン1関連の目次

海外ドラマ「HOMELAND/ホームランド」の登場人物と用語
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第1話「英雄の帰還」の感想 ★現在地★
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第2話「トラウマ」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第3話「罪なき者の声」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第4話「常に忠誠を」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第5話「死角」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第6話「誠実な兵士」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第7話「過ちの週末」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第8話「弱点」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第9話「クロスファイア」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第10話「始動」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第11話「信念と覚悟」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第12話「決意の果てに(前編)」の感想
海外ドラマ「ホームランド」(S1)第13話「決意の果てに(後編)」の感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-「ホームランド」関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ