まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

通勤バイク(アドレスV125)関連

アドレスV125(K7)のバッテリーを交換する

投稿日:2014年10月29日 更新日:

LINEで送る
Pocket

キャンプ場とアドレスV125
(若杉楽園キャンプ場にて)

アドレスV125のバッテリー交換要領

 前回のエントリーは以下のリンクをご覧ください。
納車7年目のアドレスV125(K7)のバッテリーが弱る

注意
 バイクのバッテリーの交換は難しい作業ではありませんが、手順を間違えると火災や爆発などの危険があります。
 作業時はキーをオフの位置にしてください。
 バイク屋さんで交換するのが確実です(そのぶん、高価になりますが)。

追記
 バイク屋さんにアドレスV125のバッテリー交換の費用を尋ねたところ、14800円とのことです。
 安心、かつ長く使える、ということなら、バイク屋さんで交換したほうがよいかもしれません。
 けど価格差は大きいと思います。
 互換バッテリーは、たとえば半年で駄目になる可能性もありますし……。
 自分は、外れに当たったことはなく、互換バッテリーでも5年は保ちました。

早速バッテリーが届く

 早速バッテリーが届いたので交換しました。
 購入はアマゾンのマーケットプレイスです。

 型番は CTX7A-BS(YTX7A-BS) です。

バッテリーの初期充電について

 初期充電をしたほうがいいけど(寿命が延びる)そのままでも使えます、とのこと。
 充電器は持ってないので、そのまま繋げます。

 充電器はそれほど高価なものではないので購入してもいいのですが、今回は見送ります。
 バイク屋さんで充電してもらう、という選択肢もあるんですが、時間もかかるし、バイク屋さんで購入したものではないので迷惑かと思って遠慮しました。
アドレスV125のバッテリーの位置
 アドレスV125のバッテリーは足下のところにあります。 
 六角レンチをつかってカバーを開けます。

アドレスV125のバッテリーカバーを外す
 結構よごれています。

 右下に、なにやら変な器具が……。
 トリックスター『PPS(パワーパルスシステム) スクーター Ver』でした。
 電装系のチューニングパーツです。

PPS(パワーパルスシステム)

PPSスクーターバージョン
 詳しくは下記リンクをご覧ください。
TRICKSTER PPSについて

 いつ取り付けかな、と記憶をたぐるも思い出せない。
 前回、5年ほど前に自分でバッテリー交換したときにはすでに取り付けてあったので、その前ということになります。
 オークションで安かったので落札した記憶がありまして、メールの履歴を調べたところ、2007年10月でした。
 同年の5月にアドレスV25を購入しています。

『PPS(パワーパルスシステム) スクーター Ver』の値段は1万円ぐらいです。
 オークションだと、半額以下で買える場合もあるかと。
 本当は125㏄以上のビッグスクーター用なのですが、実害はないだろうということでアドレスV125に取り付けています。

 効果ですが、ネット上での評判はかなりいいみたいです。
 個体差もあると思うんですが、私も、悪くないと思います。
 アイドリングが安定しました。
 PPSの装着前は時々エンストが発生していましたが、装着後は安定していますね。
 トルクアップする、速度が増した、マフラーの音質が変わる、とか色々とあるようですが、自分はそこまで大きな変化は感じませんでした。
 けど、取り外そうとは思いません。
 なので、効果はあるのでしょう。
 繰り返しますが、アイドリングが安定したのは間違いありません。

アドレスV125の古いバッテリーを取り出す

アドレスV125からバッテリーを抜く
 古いバッテリーを取り出します。
 5年間もお仕事してくれてありがとう。

 バッテリーを外すときは、マイナスからです。

アドレスV125に新しいバッテリーを装着

アドレスV125に新しいバッテリーを装着
 新しいバッテリーをはめ込みます。
 固定する器具などはありません。
 ちょうど収まる感じなので、とくに問題はないでしょう。
 バッテリーをつけるときは、プラスからです。
 PPSも取り付けます。
 カバーをはめるまえに、接続を再確認します。
 よし、だいじょうぶ。

 バッテリーに付属の説明書によれば、取り付けて最初のエンジン始動はキックが推奨ですが、あえてセルを使ってみました。
 一発でエンジンは始動しました。
 所要時間はゆっくり作業しておよそ10分間でした。
 アドレスV125のバッテリー交換については以上です。

バッテリーの初期充電を行う

若杉山
 充電のため、ちょっと遠出して、若杉山の若杉楽園キャンプ場まで行ってきました。
 プチツーリングです。
 ツーリングなんて普段まったくしないので、なんだか新鮮な気持ちです。
 10月の終わりで、暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い季候でした。

 キャンプ場の近くに『大和の森遊歩道』というのがありまして、ついでなので軽くウォーキングをしてきました。
 長くなったので、ここでいったん切ります。

 続きのエントリーは以下のリンクをご覧ください。
アドレスV125のバッテリー充電のため若杉楽園キャンプ場まで行く


Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-通勤バイク(アドレスV125)関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.