まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

お勧め映画『蒲田行進曲』 

投稿日:2014年10月12日 更新日:

LINEで送る
Pocket

蒲田行進曲のあらすじ

 売り出し中の新人俳優・銀四郎は、自らの栄達のため、恋人である落ち目の女優を大部屋俳優のヤスに押しつける。
 撮影所では『新撰組』の映画撮影が行われており、クライマックスの池田屋騒動での階段落ちの人選が難航していた。
 階段落ちは危険なため、誰もやりたがらない。
 大部屋俳優のヤスは、銀四郎のために階段落ちに名乗りを上げるのだが……。

蒲田行進曲の筋立てはシンプル

 映画撮影の世界を描いているので、決して日常的とはいえませんが、ストーリーはシンプルだと思います。
 しかしその映画の世界に生きる人物たちは尋常ではありません。
 特に倉岡銀四郎役の風間杜夫さん。
 二枚目だけど時に三枚目で、性格は破天荒で、とにかく派手(中村錦之助がモデルらしいです)。
 そのライバル役は原田大二郎。
 この原田大二郎さんが格好いい。

売れない俳優が頑張る姿

 ヤスこと平田満さんは無名の大部屋俳優で、野暮ったいし、いかにも売れてなさそうな雰囲気が良く出ています。
 中盤、銀四郎から押しつけられた、松坂慶子演じる女優小夏の出産のため(父親は銀四郎)、危険なスタント役を買って出ます。
 痛々しい。
 作中作の撮影では、千葉真一さんや志穂美悦子さん、真田広之さんという豪華な顔ぶれがちょい役で出演しています。
 おっと、ちらりとラストサムライにも出演した福本清三さんも写ります。

蒲田行進曲は映画の世界を描いた映画?

 演出はいちいち大げさ。
 ある意味漫画的。
 だけどそこが内容と非常にマッチしているとも思います。
 序盤はコメディ、中盤からはシリアスな展開となり、クライマックスでは感動系となります。
 全てが終わると……観てのお楽しみです。
 映画の世界を描いた映画(といってもリアリティは低いですが……)。
 そしてこれもその映画のひとつなんだよ、ということでしょうか。
 映画に対する愛が感じられる映画でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ