まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

日記(雑記)

今の世の中はとてもいい(近代以前と比べると)

投稿日:2015年6月17日 更新日:

LINEで送る
Pocket

冥想
(画像と本文は関係ありません)

彼はエリート中国人……なのか?

 友達に中国人留学生がいまして、大学院生です。
 彼は、中国の大学を卒業して日本に留学して、日本の大学を卒業して院に進みました。
 通算で2回、大学を卒業しています。
 その彼がときどき、中国の大学で同級生だった友達のことを口にします。
 シンガポールのさる有名な大学に行ったとか、あるひとはアメリカの大学を卒業してアメリカで就職したとか。
 はたまたオーストラリアに移住して、そちらで就職して、すでに結婚して何人も子どもがいるとか。
 彼は、そういう同級生と、日本に留学している自分自身を比べているんです。
 そして「私は恵まれてない」と主張します。
 口を尖らせて「悔しい」と言います。
 その彼は苦学生ですから、安いアパートに住んで、贅沢はできません。
 ま、愚痴です。
 本人は愚痴のつもりはないでしょうが、百パーセント愚痴です。
 私はふむふむ、と話を聞いているんですが、内心はこう思います。
(ほかと比べるな)
 どんなに自分が幸せになっても、上には上がいますから、自分以上に幸せな人間と比べたら、一生満たされないでしょう。

現代は問題も多いけど、それでも過去のどんな時代と比べても恵まれている……はず

 考えてみれば、21世紀のいまは、とても恵まれていると思います。
 第3世界は別ですが、少なくとも現代日本では、飢えることは滅多にないし(悲しいことにゼロではありませんが)、命の価値も高いです。
 ほんの70年ほど前、世界を相手に戦った戦争では、300万人(軍220万、民80万)の日本人が死にました。
 福岡市の人口が145万人ぐらいですから、その2倍以上の日本人が命を落とした計算です。
 想像もつかない数です。
 近代や中世、それ以前と比べたら、医療や科学も法制度も発達して、どれだけいい時代か。
 平均寿命もずいぶんと伸びました。
 もちろん現代が理想郷のような世界とは思いませんし、様々な問題があるのも事実ですけど、それでも近代以前と比べると天国といってもいいでしょう。
 それは恐らく、中国でも同じのはずなんですけど(日本と比べたら日本が断然いいに決まっていますが)。
 かつての中国は匪賊とかが跳梁跋扈していたイメージなんですが違うんでしょうか。

天地玄黄 宇宙洪荒

 浅田次郎さんの大河小説『蒼穹の昴』に「天地玄黄 宇宙洪荒」(てんちげんこう うちゅうこうこう)という言葉が出てきますが、これは、地球の姿、ひいては宇宙の広大さを表している言葉だそうです。
 それを考えたら、かつての同級生が成功していようがどうだろうが、些細な問題でしょう。
 この世は広い。
 人間ひとりなんてちっぽけなものです。

 ほかと比べたりしたら、一生幸せにはなれないでしょう。
 ――そう思うけど、私は愚痴を言う中国人の彼には何も言いません。
 愚痴を吐き出したいのだろうから、私は黙って聞いているだけです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.