まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

「からし」は多くの料理に合う

      2016/02/28

LINEで送る
Pocket

トンカツ

隠し味の定番「練り辛子」

 からしが好きです。
 漢字では「辛子」「芥子」と書きます。
 そのままでは食べませんが、隠し味というか薬味としては、からしはとても便利だと思います。
 まず、からしは、おでんとか、トンカツにつけて食べるのが一般的でしょうか。
 ポテトコロッケ、ハムカツなどにもからしをつけると美味しいと思います。
 からしは肉まんなどにも合います。
 納豆にもからしを入れると美味しいです。
 タレ系の焼き鳥(特に豚バラ)につけてもいいと思います。

 からしは薬味としての使い方が一般的ですが、隠し味としても使えます。
 ポテトサラダにからしを入れると美味しい。
 関連エントリーについては以下をご覧ください。
ポテトサラダの隠し味について

 お好み焼きの、ソースを塗る前の生地にからしを薄く下塗りすると美味しい。
 カレーライスの隠し味にもからしは最適でしょう。

 ナスの天ぷらとか、ナスのお浸しにも合うと思います。

 ちょっと変わり種ですが、ナポリタンを炒めるときに少し芥子を入れるとスパイシーになります。
 焼きそばなどにもからしを入れるとやっぱりピリッと辛くなります。

沼サン
 からしは、パンの生地に塗っても美味しいです。
 マヨネーズにからしを混ぜて使う、というのもよくあると思います。
 関連記事は以下をご覧ください。
沼サンを作ってみる

 からしはとても便利なので、家では常にストックを用意しています。
 辛子があるとないとでは味が大違いになりますので。

 和からしと洋からしの違いですが、ざっくりと、和のほうが辛くて、洋はマイルドと覚えればいいと思います。
 パッケージに「からし」とだけついている場合、デザインから判断すればいいでしょう。

関連ページとスポンサーリンク

 - 食についての話