まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「リベンジ」(S1)第7話「虚偽」の感想

投稿日:2015年2月20日 更新日:

LINEで送る
Pocket

「リベンジ」第7話「虚偽」
 コンラッド夫妻は新聞社の取材を受けます。
 ダニエルも取材され、付き合っている女性のことを聞かれますが、ダニエルは喋りません。
 けど、友人のタイラーが記者に話します。
 で、エミリーのことが記事になってしまいます。
 タイラーっていやなやつ。
 エミリーは嫌われ者ノーランにタイラーの弱みを探るように依頼します。

 その嫌われ者ノーランは、フランクに襲われた経験から、エドという黒人ボディガードを雇います。
 ノーラン自体も190センチぐらい身長があるのですが、頭1つ分それよりもデカいです。
 なかなか有能そうなボディガードですね。
 ブレイキングバッドの弁護士のソウル・グッドマンもボディガードを雇っていましたが、あちらはただ身体が大きいだけで少しユーモラスでした。
 
 フランクですが、独自にエミリーのことを調査し、エミリーが少年院に服役していたことをつきとめ、所長に会いに行きます。
 エミリーの情報を聞き出そうとしますが、所長は拒否。
 フランクは刑務所内に不法進入してエミリーの情報をスマートフォンに収めます。

 ノーランは、タイラーがゲイで、詐欺師であると見抜きます。
 タイラーは取引をもちかけ……エエー! という展開。

 ちょっとややこしいですが、フランクはエミリーが少年院で別人物に入れ替わったことを知ります。
 フランクは入れ替わった人物に会いに行きますが……。
 この場面もショッキングです。予想外。

 誰かに心奪われるとひどい犠牲をはらうことになる。これは、ビクトリアの言葉です。
 リベンジの面白いところは、敵役にもしっかりとした世界観が描かれているところ。
 ビクトリアもまた、長い年月のあいだ懊悩したのだろうと思わせます。
 
 さて、本物のエミリー、偽者のエミリー(アマンダ)に会いに来ます。
 二人は少年院で友情を育んだ模様。
 本物のエミリーはフランクを「始末した」といいます。
 目が離せなくなってきました。

 海外ドラマ「リベンジ」に関連するエントリーは以下をご覧ください。
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第1話「幕開け」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第2話「崩壊」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第3話「密告」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第4話「告白」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第5話「悔恨」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第6話「誤算」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第7話「虚偽」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第8話「記憶」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第9話「秘密」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第10話「阻害」の感想
※記事はシーズン1の10話までしかありません。いずれ続きをアップするかもしれませんが未定です。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.