まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


映画、海外ドラマ関連など

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」感想

投稿日:2021年8月23日 更新日:

LINEで送る
Pocket


「カイジ 人生逆転ゲーム」を観ました。
 2009年制作の日本映画です。
 原作は漫画で、ギャンブルを扱っています。

 原作ありの実写映画化ということで、全く期待せずに見始めました。
 ストーリー、脚本、配役、演技、音楽、演出など、高次元でまとまっていて傑作だと思います。

 限定じゃんけん、鉄骨渡り、Eカードが描かれていて、詰め込みすぎで、若干ひとつずつのゲームの密度が薄まってはいるけど、マイナス点はそれぐらいです。
 もったいない気持ちもありますが、短い尺の映画としてはベストな選択だったのではと思います。
 展開が早くていいです。

 配役については、主人公が藤原竜也さんで、若干、カイジっぽくないけど(藤原竜也さんの色が強すぎて)、じゃあ誰が適任か? というと、思い浮かびません。
 遠藤が男性から女性になって、こちらは天海祐希さんが演じていますが、この配役変更も良いです。
 トネガワが香川照之さんで、こちらもちょっとイメージとは違いますが、不自然ではなかったです。
 この主演3名の演技は良かったです。
 演者の問題ではなくて、監督のセンスかもしれませんが。

 日本の俳優は、どこか嘘っぽい演技をするというか、大げさな演技が目立って、それが鼻についてあまり好きじゃないけど、この映画の俳優さんはどれもすばらしい演技でした。
 カイジシリーズ自体が、どこか嘘っぽい漫画的な物語なので、それもプラスに作用しているのかもしれません。

「帝愛グループ」の総帥である兵藤和孝は、スピンオフ作品『中間管理録トネガワ』では、ひょうきんというか、ちょっとおかしなぼけ老人じゃないけど、とにかく異常な人格ですが、この映画だと、単なるシンボルに過ぎない描き方をされていて、そこは少し残念だったかなーと思いました。
 
 続けて2も観ました。
 1のほうがまだ面白かったです。
 ビルを傾けるというのがやっぱりナンセンスかなと思います。
 一条はイメージと少し違いました。
 おっちゃんの娘(原作では息子)も物語に合ってなかったように思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-映画、海外ドラマ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2021 AllRights Reserved.