まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「12モンキーズ」第3話「逃げた男」の感想

投稿日:2015年3月29日 更新日:

LINEで送る
Pocket

12モンキーズ
 海外ドラマ「12モンキーズ」第3話の感想です。
 1話はとっても面白かった。
 パイロット版というか、1話は掴みなので、力を入れるのは当然でしょうか。
 ただ、タイムパラドックスの、時計の傷は良いとして、その時計を同時に存在させ、そして触れあわせると、時空の歪みのような、なにか訳の分からない現象が起こるんですが、ちょっと表現が危うい気はしました。
 安易な方法に逃げている……かなと。
 あれを許すと、危機が危機じゃなくなります。
 危機が迫れば、あの方法で切り抜ければいい、ということになるので。

 2話は1話より面白さは落ちたと感じて、3話で盛り返すかと期待したけど……。
 映画版「12モンキーズ」が傑作なので、今回のドラマ版に対する期待が大きすぎたのかもしれません。

 些細な点ですが、以下の2つは個人的に気になったところです。
●ライリーが知り合ったばかりの医師とメイクラブ
●ライリーが射撃の練習で、木に向かって銃弾を撃ち込む

 上記の2つは、物語の大筋には関係ないです。
 補足すると、メイクラブは、ヒロインなので、もうちょっと貞操観念があったほうが個人的には好ましい。
 ま、孤独を表したかった、ということなのかもしれません。
 誘拐事件のあと、彼女は致死性ウイルスの蔓延による世界滅亡を口にするようになって、周りから変な目で見られていましたから。

 木に向かって銃を撃つのは、木も生きているわけで、新井素子さんのSF小説「グリーンレクイエム」じゃないけど、木の視点にたてばとんでもない話かと。
 空き缶とかなら良かった。
 銃弾が逸れて仕方なく木に当たる、というのなら不可抗力ですが、最初から狙っているので、ちょっとひどいと思いました。

 2話に引き続いて、謎の爺さんが出てきますが、3話でもその正体がよく分かりません。
 2014年は太陽フレアの影響で云々、というのも何かの伏線かもしれませんが、これも危うい表現と思いました。
 ノリが90年代のSFのような……。

 ここから盛り上がることを期待しましょう。

海外ドラマ「12モンキーズ」の登場人物と用語
海外ドラマ「12モンキーズ」第1話「世界の運命を握る男」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第2話「忍び寄る影」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第3話「逃げた男」の感想★現在のページ★
海外ドラマ「12モンキーズ」第4話「アタリ」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第5話「ナイトルーム」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第6話「もうひとつの未来」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第7話「トロイ作戦」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第8話「スピアヘッド」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第9話「明日を信じて」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第10話「守るべきもの」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第11話「明かされる真実」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第12話「パラドックス」の感想
海外ドラマ「12モンキーズ」第13話「運命」の感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.