まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


雑記など

ニンテンドースイッチ「リングフィットアドベンチャー」の感想

投稿日:2020年3月11日 更新日:

LINEで送る
Pocket

リングフィットアドベンチャー

 リングフィットアドベンチャーを半月ほどプレイした感想です。

 結論から述べるなら「運動不足を解消したい人、軽めの筋トレをしたい人にはおすすめできる、優良なコンテンツ」だと思います。

 アドベンチャー部分は、子供だまし的で、魅力があるとは思えないけど、それなりです。
 メインターゲット層は大人だと思うけど、ストーリーは子供向けなので、少し違和感を覚えます。
 万人受けするというとそうなのかもしれません。
 ストーリーはしょうもないけど、キャラや演出、BGMなどは、丁寧に作られているので、総合的には良質だと思います。さすが任天堂です。特に音楽は良い出来です。

 ゲーム性についてはそんなに高くないと感じましたが……
 その場足踏みで移動できますが、キャラが任意の方向に進めるわけではなく、ルートはほぼ固定です。一部、分岐するところはあります。なのでオープンワールドのような感じではないです。

 適当にリングコンを引っ張ったり押し込んだりしていればクリアできそうな感じですが、途中で主人公のハートがなくなるとゲームオーパーになりますし、ワールド内にはいろいろとアイテムやコインが落ちていて、注意していないと取り忘れになったりします。
 そこら辺のバランスは絶妙だと思いました。
 難易度は高くないけど、甘い考えでチャレンジするとクリアできなかったりします。

 筋トレして敵を倒すことについては、効率よく敵を倒すこともできますが、そうなると筋トレが簡単になります。
 敵は強くなるけど、主人公のレベルも上がるので、そこら辺のバランスも調整はされているけど、ちょっと微妙かなと感じるところはありますが、筋トレとゲームを融合させた点は、今までにない新しい試みなのかなと思います。

 たとえば、自重トレーニングで、腕立て伏せ、スクワット、腹筋を、各20~30回ずつ、5セット行うとします。
 結構へとへとになりますし、モチベーションの維持も難しいです。
 週1回ぐらいならまだなんとかなるけど、上記のトレーニングを毎日やるとなるとかなり骨が折れます。
 しかしリングフィットアドベンチャーなら、毎日やってもそれほど飽きませんしモチベーションも維持できます。
 運動に慣れていない人も、それなりに慣れている人も、自分のレベルに応じてプレイできる点はよく考えられているなと思います。

 負荷は1~30まで設定できます。
 自分は20ぐらいでやっています。設定は最初に行いますが、そのあとも随時変更可能です。

 負荷の目安は、運動習慣のある人は20前後、運動習慣のない人は10~15ぐらいかなと思います。

 リングコンの耐久度ですが、普通に使っている分には問題ないかなと感じました。
 1年間毎日、数時間プレイしたりするとわかりませんが、週に数回程度のプレイなら、特に気にする必要はないと思います。

 音や振動についてですが、アドベンチャーモードはゲーム内で移動するためには、通常だとその場で足踏みすることになります。ダッシュの時は素早く足を動かないといけないので、かなり騒々しです。
 集合住宅などで階下に音が響いたりするのを防ぐにはサイレントモードがあります。サイレントモードだと腰の上下で足踏みの代用ができます。

 価格については元々品薄で、アマゾンのマーケットプレイスなどでは定価より高く販売されていました。12,000円前後です。
 それが新型コロナウィルスの影響の影響(中国で生産しているため)で入荷ができなくなり、価格高騰に拍車がかかったようです。いまは(2020年2月)定価の2倍超えも珍しくありません。新型コロナウィルスが終息に向かえば、また価格も定価に近づくはずです。
 個人的には、定価の2倍も出して買うようなものではないと思います。

 フィットネスゲームなら「フィットボクシング」もいいと思います。こちらは定価で買えるはずです。
ニンテンドースイッチ「フィットボクシング」感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2020 AllRights Reserved.