まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


映画、海外ドラマ関連など

海外ドラマ「ER」シーズン2の感想

投稿日:2020年2月10日 更新日:

LINEで送る
Pocket


 ERシーズン2の感想です。
 シーズン1の感想については以下を参照ください。
海外ドラマ「ER」シーズン1の感想

 ERのシーズン2、キャストの言動や性格が定着してきて全体的に上り調子に面白いです。
 気がかりがあるとすれば、キャスト同士の恋愛事情が少し目立つかなと。
 シーズン2にして、すでにしょうもない色恋沙汰がいたるところにあるのはちょっとどうかなと思います。面白いといえば面白いけど。

 あとはちょっと忙しすぎじゃない? とも思います。
 エピソード18「夜勤」では、22時半の時点で、ERに32人、待合室に49人の患者がいます
 シカゴの人口はおよそ271万人で、茨城県や千葉県とほぼ同等です。
 アメリカの医師の数は日本より多いのに、救急病棟とはいえこんなに忙しいとは思えません。
 アメリカは日本と違って皆保険制度がないので、病院にかかる人は少ないはずなのに。
 もちろん、交通事故や銃創などだと、医者にかからないといけないとは思いますが。
 作中で、カーターが「今夜は異常ですよ」みたいなことを言いますから、イレギュラーな日なのだとは思います。

 以下は「ER」シーズン2における個人的な人物評です。

ジョン・カーター
 まだまだ初々しいです。
 師匠であるベントンとのコンビの面白さは相変わらずです。

 老夫婦の婦人が入院(大動脈解離)して、カーターが担当します。確かシーズン2、10話の最後のほうです。
 婦人は、術後の経過が思わしくなく、結局亡くなります。高齢であったため、寿命だろうと思います。
 カーターは夫人の夫であるルバドーへの対応を誤りました。
 治らないのに治ると言ってしまいます。
 それでルバドーと確執ができます。カーターはミスをしたわけです。
 ルバドーとの信頼関係は損なわれて、カーターは葛藤します。一時期はルバドーを避けます。
 そして、婦人の葬儀の時、いったんは行かないという選択をするものの結局カーターは葬儀の場に姿を現しました。
 夫であるルバドーに向き合って、カーターは自分の非を認めて謝りました。
 ルバドーは「会いたくない」とカーターに背を向けます。
 現実ではよくあることです。
「ER」というドラマが秀逸なところは、こういう点にあると思います。
 普通のドラマなら、二人は和解して終わってめでたしめでたし。
 けれども、ルバドーはカーターを許さず、汚点は汚点として残るわけです。
 救いのない話ですが、だからこそいいとも思います。

ピーター・ベントン
 ベントン先生、自分は好きなキャラではあるけど、端から見るととんでもないクソやろうだとも思います。  
 ERで働くことになったジェニーブレの扱い方でそのくそっぷりをいかんなく発揮します。
 あ、ジェニーブレのHIV発覚後のベントンの対応を知っているから、くそだと思えるのかもしれません。

 ロスが黒人少年のガンを見落とした件、マークからベントンは口外するなといわれたのにそれを守りません。
 正義感が強いのはいいけど、矛先が違うように思います。
 マークは「ビューセリッチに刃向かえないから、ロスを標的にしている」と述べますが、その通りなのかなと。
 しかしガンを見逃された少年にとってみれば、そのせいで足を失うようですから、とんでもない話ではあります。

 ドラマですから、正義感を貫くのは葛藤を産むための方法だとは思いますが……やっぱりクソやろうかなと。

マーク・グリーン
 個人的にはあまり好きじゃないけどERの顔といってもいい中心人物。
 シーズン1で、妊婦を誤診した件はまだ尾を引いています。
 本人は、誤診ではないと言いはするものの、心の中ではそれが嘘だとわかっているっぽいです。

スーザン・ルイス
 姉の子供の件で奔走します。
 大変そうです。
 子供はのほほんとしていますが。
 子供はそういうものでしょうか。

ダグラス・ロス
 ジョージクルーニーという俳優さんは好きですが、役柄としてのダグは好きではないです。
 正直駄目人間だと思います。
 パーティに行くときに水路に落ちた少年を見つけて救命しますが、都合が良すぎ。
 まるで探偵のいくところに殺人事件ありみたいな。

 黒人少年のガンを見落とした件は、仕方がないかなと思います。
 あってはならないことですが、人である以上、ミスや見落としは発生します。少年の側にたつと、とんでもないことではありますが。

モーゲンスタン
 ER部長。
 直接ERに顔を出すことはまれですが、時折やってきて、強いインパクトを残す、マークたちの上司。
 あとのシーズンのことを知っていると、盛者必衰だなーと感慨深いです。
 まだ衰えは全然見えません。
 ERの面白さは色々とあると思うけど、キャストが変容していくところは良いです。
 カーターは成長して、ベントンもそれなりに成長して……そして有能だった人物が落ちぶれていきます。

ケリー・ウィーバー
 みんなから嫌われるウィーバーですが、新参であんな対応をしていれば嫌われて当然と思います。
 まずは信頼関係を築かないといけないのにそれをすっ飛ばすからああなるわけで。
 頭がいい人物の行動とは思えないです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-映画、海外ドラマ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2020 AllRights Reserved.