まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


映画、海外ドラマ関連など

海外ドラマ「ER」シーズン1の感想

投稿日:2020年2月5日 更新日:

LINEで送る
Pocket


 海外ドラマの「ER」がアマゾンプライムに対応したのでシーズン1から視聴し始めました。
「ER」は大好きな海外ドラマで、何度も再視聴しています。 
 シーズンの初期は多少古くささはあるものの、やっぱり面白いです。

 シーズン1だと、特に19話「生と死と」が面白いです。
 詳しくは以下をご覧ください。
「ER緊急救命室」シーズン1の19話「生と死と」感想

 アメリカの医療制度に詳しいわけではないけど、どうやら日本のような皆保険制度はなくて、アメリカでは無保険の人も多いようです。
 医療費は高額で、普通の人は医者にあまりかからないとか(かかれない)。
 州によっても違うのかもしれません。
 上記のことを知ってからは「ER」が素直に楽しめなくなった部分があって全体的に嘘っぽい感じを抱いたりします。

 犬が運ばれてきて治療を受けたりしますが、誰が治療費を払うんだろう? など。
 フィクションなので、と言われたらそれまでですが。

 以下は「ER」シーズン1における個人的な人物評です。

ジョン・カーター
 のちのシーズンを知っている身としては、シーズン1のカーターは初々しいです。
 徐々に成長していくところも見所と思います。
 あとのシーズンで、生死に関わるある事件が起こりますが、あの事件後のカーターはちょっと違うというか、初期のイメージと違うのでどうも違和感を覚えます。
 師匠のベントンがいて、カーターはあくまで未熟で……という欠けたところがあるからこそ面白かったのに。

ピーター・ベントン
 ベントンは外科医の研修医で、カーターの師匠にあたります。
 カーターとベントンのコンビは面白いです。
 自分はベントン、嫌いではないけど、一歩引いたところからみると本当に嫌な奴だとも思います。
 腕は確かなようですが……
 看護師ヘレエとの確執は、完全にベントンが悪いです。

 いつの間にかヘレエとの確執はなかったようになりましたが、ベントンがたぶん謝ったのかなと思います。そのような描写はないし、ベントンの性格からして謝るとは思えないけど、ヘレエが折れるとも思えません。
 ヘレエが近所の悪ガキをERで雇ってベントンに監督させたことがありましたが、あれはちょっとヘレエの段取りが悪かったと思います。あの件ではベントンは悪くないです。

 認知症の母のこととなると、人が変わったようになって周りに迷惑をかけまくります。
 次のシーズン2だと思いますが既婚者と不倫までします。最低のクソやろうです。ジェニーブレがHIVにかかっていたことを知ったあとの対応もひどいです。
 けど、嫌いではないです(笑)
 ERのキャラが魅力的なのは、人間味がある点だとも思うので、その意味ではベントンのようなキャラはリアリティがあります。

マーク・グリーン
 マークは、ERの初期シーズンでは中心的な人物です。
 マークは何が専門なのかよく分かりませんが、たぶん救急医療なんだと思います(違うかもしれません)。
 19話の「生と死と」を見る限り、救急医療って責任が大きくて、大変そうに思えます。
「ER緊急救命室」シーズン1の19話「生と死と」感想

 専門医のほうが楽ができそうな感じです。

 みんなから信頼されて、持ち上げられている点が自分はうそっぽい感じがして好きになれないです。
 しかし妊婦を誤診により死亡させてしまったことは同情します。

 あまり好きなキャラではないけど、ERの顔であることは間違いないです。
 マークの去った後のERはどこか物足りないです。
 マークがいてこそのERかなと。
 あまり好きなキャラではないけど、マークがいないと寂しいのも確かです。

スーザン・ルイス
 ルイスは確か内科医です。
 ルイスの担当した患者が死亡した件は、心臓の専門医であるケイスンが退院していいと指示した結果なので、ルイスに責任はないと思います。
 押しの強い人に譲る傾向がある件については、確かにそれはあるかもしれませんが、間が悪かったのかなと。
 押しの強い人間ばかりだと、トラブルばかりと思うので、ルイスのような潤滑油ではないけど、そんな感じの人も必要だと思います。医療だと人の生き死にがかかるからシビアな面があるかもしれませんが。 

 上記の件で、ルイスのカルテにマークがサインをするようになりますが、それを問いただすルイスに、マークは「押しの強い人に譲る傾向がある」と部長に述べたと語り、ルイスは「サノバビッチ」とつぶやきます。字幕では「裏切り者」と出ますが、ちょっと表現が軟らかいかなと思います。
 本当は「このクソやろう」だと思います。

ダグラス・ロス
 小児科医。
 ダンディだけど……思慮は浅いかなーと。
 子供のこととなると後先考えず突っ走る傾向にあります。

キャロル・ハサウェイ
 キャロルは看護師長です。
 若いのに看護師長なのは相当優秀ということなのかなと思います。日本だとまずあり得ないです。
 ことあるごとに見せる「どや顔」が気になります(どや顔に見えるだけでどや顔じゃないのかもしれません)。

クロエ
 スーザンの姉です。
 ばかっぷりがすごい。
 役者さんが上手いです。
 キャスリーン・ウィルホイトという女優さん。

ヘレエ
 太った看護師。ベテラン。ベントンとトラブルになります。仲が悪いんだか良いんだか分かりません。のちのシーズンでは激やせします。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-映画、海外ドラマ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2020 AllRights Reserved.