まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


パソコン、スマートフォン、家電製品など

「Gooice VR ゴーグル(2019改進版)」感想

投稿日:2019年12月23日 更新日:

LINEで送る
Pocket

Gooice VR ゴーグル「2019改進版」 ▲VRゴーグルを購入しました。

 最初はオキュラス系を買おうかと考えました。
 オキュラスの廉価版は、ヤフオクだと2万円前後で買えます。
 飽きればヤフオクで売れば、大きな損はでないはずです。
 しかし安くなったとはいえ2万円という金額は、ちょっと躊躇してしまうというか、必要なものなら買いますが、完全に遊びですから。

 ということで、まずは安価なタイプを購入しようと考えてGooice VR ゴーグルに行き着きました。
 Gooice VR ゴーグル、面白かったです。
 当たり前ですが、使用するスマートフォンによって、見え方が変わります。
 高解像度で、高性能なスマートフォンのほうがよりよいVR体験ができると思います。

 面白かったけど、3D酔いしました。
 自室にいるのに、振り返ったり上や下をみると、何かが見えるというのは興味深い体験でした。

 VR系の動画やゲームもそうですが、ファイルの容量が通常より多いようです。
 もう少し通信インフラが進化して、5GBや10GBぐらいのファイルを数秒でダウンロードできるような環境になれば、面白いソフトも出てくるだろうし、ひょっとしたら、いまのゴーグルタイプとは違ったデバイスが主流になったりするかもしれません。

 VRは、まだ黎明期だと思います。

追記
 DMMのポイントがあったので、VR専用の動画を購入して視聴してみました。
 最初は、映像が二重になって、臨場感もへったくれもなかったけど、ゴーグル側で調整すると、ある程度焦点が合いました。
 この点は、スマートフォンのサイズによって変わると思います。
 機器のセット位置からスマホを少し離すとぴたりと合いました。

 使用したスマホはASUSの「Zenfone Max M2」です。
 6.3インチです。
 5.5インチぐらいだとちょうど良いかもしれません。

 しばらく使っていると、目が慣れたのか、焦点が合うようになりました。微調整が面倒臭いですが。
 しかし解像度が1,520×720ドットなので荒さが目立ちました。

 どこかのレビューで読みましたが、現実の臨場感が100としたらVRゴーグルは60ぐらいとのこと。
 まさにそんな感じでした。
 通常の動画とは、全く異なるものです。
 体験してみる価値はあると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-パソコン、スマートフォン、家電製品など
-

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2020 AllRights Reserved.