まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

お勧め映画『敦煌』

投稿日:2014年9月13日 更新日:

LINEで送る
Pocket

敦煌の西田敏行

敦煌

 敦煌は、バブル期に制作された日本映画です。
 物語は分かりづらいものの、豪華キャストなので一見の価値あり(みんな若い)。

敦煌のあらすじ

 時は11世紀。
 科挙試験に落第した行徳(佐藤浩市)は、ひょんなことから新興国家「西夏」の通行証を手に入れる。
 砂漠を旅して西夏へと向かう行徳は、西夏の傭兵漢人部隊に捕まり、兵士として取り立てられることになる。
 西夏の漢人部隊を率いる王礼(西田敏行)は主に対する反乱を企て、行徳は戦乱に巻き込まれてしまう。

敦煌の原作は井上靖の小説

 好き嫌いの分かれる映画と思います。
 知り合いでこの映画を「全くつまんない」という人もいれば「大好き」という人もいます。
 自分は、どちらかというと好きです。
 物語は、井上靖の原作を元にしています。
 映像化にあたり、少々、いびつになってしまった部分が散見されます。
 原作を知らず、映画だけを見ると若干、説明不足でしょう。
 そこら辺が賛否を分けるところなのかなと思います。

敦煌の西田敏行は格好いい!

 主人公は行徳役の佐藤浩市ですが、若すぎていまいち渋さが感じられません(撮影当時20代半ば)。
 西田敏行は撮影当時30代後半です。
 格好いい。
 釣りバカ日誌の浜ちゃんと同一人物とは思えない。
 水も滴るいい男……というのはちょっと違うかもしれませんが、役柄がぴったりとハマっていて、演技力のなせる技か、見ていて惚れ惚れします。

 西田敏行さんはどちらかというと小柄ですが、長身の佐藤浩市さんと並んでも風格では負けていません。
 西田敏行、佐藤浩市以外にも豪華な顔ぶれが揃っています。
 渡瀬恒彦、柄本明、三田佳子、原田大二郎など。
 特に原田大二郎さんの役どころは重要ではないけど、砂漠の世界観がよく出ていて、叫ぶような台詞回しは迫力がありました。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ