まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

お勧め映画『16ブロック』

投稿日:2014年9月11日 更新日:

LINEで送る
Pocket

白人と黒人のバディMovie

 チンピラ黒人と白人警官の定番バディムービー。
 結末は、予定調和ながら、きれいにまとまっています。
 主人公のアル中警官(ブルース・ウィリス)は挫折から立ち直り、黒人チンピラは更正し、悪は一掃され、見事なハッピーエンド。

16ブロックのあらすじ

 アル中の冴えない警官ジャック(ブルース・ウィリス)は、16ブロック先の裁判所に証人の黒人チンピラ(モス・デフ)の護送を命じられる。
 その最中、突然何者かによって襲撃されることに。
 黒人チンピラは、警察官の犯罪を目撃していたせいで命が狙われることに。
 ジャックは、かつての相棒を敵に回し、どうにか証人を裁判所に送り届けようと奮闘する。

16ブロックのテーマは「ひとは変われる」

 毎日誰かの誕生日がやってくる。
 這い上がろうともがくチンピラ黒人エディ・バンカーの夢はケーキショップを開くこと。
 アル中の警官ジャックは過去を悔いつつも、未来になんの希望も持っていなかった。
 映画のテーマは、ベタですが「人は変われる」です。

 アル中警官ジャックはかつては悪徳警官の一味でした。
 現在は、酒浸りの毎日で「人生は長すぎる」とぼやく毎日。
 未来に希望は持っていません。
 チンピラ黒人エディ・バンカーを襲撃から守ったことがきっかけとなり、ジャックは変化へと足を踏み出します。
 エディとの出会いは、彼にとっては1つの転機だったのでしょう。

16ブロックはダブル主人公

 ありがちな展開、ありがちなラスト。
 けど、その分気負うことなく観られる映画でしょうか。
 黒人チンピラを演じるモス・デフの魅力に100パーセント乗っかった物語といえるかも。
 最初は、茫洋と喋りまくるモス・デフがウザイと思ってしまうけど、気づいたら彼の魅力に取り憑かれている……という感じでしょうか。
 もし、黒人チンピラがモス・デフではなかったら、この映画の面白さは半減すると思います。
 主人公はブルース・ウィリスではありますが、モス・デフも負けず劣らずの重要キャラ。
 ダブル主人公ということなると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ