まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


雑記など

お金というものの力のすごさ

投稿日:

LINEで送る
Pocket

笑顔の女性
 SNSで、とある居酒屋の但し書き? 注意書き? が正論とのことで話題になっていました。
 曰く「おい、ビールひとつ」などの注文する横柄な態度なお客は来なくて良い、初対面なら敬語を使うべき云々。

 接客業をしたことがありますが、横柄な客って確かに嫌なものです。

 けれども……お金をもらっている以上は、仕方がないとも思います。
 それぐらい強烈なんだと思います。
 お金というものは。

 自分は接客の経験がありますので、店員さんを人間と思っているし、基本敬語で話しかけますし、できるだけ相手に対して失礼のないように接しているつもりです。

 とある居酒屋の但し書き。
 書いた人はお金の威力を知らないのでしょう。
 まあしかし、そういうことを言いたい気持ちは分かります。

 だめな部分というか、良くないと思うのは、なんでもそうですが、物事は、自分の思い通りにはいきません。
 つまり、自分が、周りに合わせないとだめなんです。

 これは気に入らない、だから自分でルールを作ってしまおうという人は、時々見かけますが、だいたいおかしな人です。
 ヤフオクの出品者でも、自分本位の注意書きをずらっと書いてる人がいますが傍から見る下品というか、思考が自分に向きすぎだろうとも思います。

 誰かが「すべての労働は売春と同じ」と言いましたが、本質をついている言葉でしょう。
 つまるところ、お金があれば、人の時間を買うことができるわけです。人の時間というのは命に等しいです。
※「すべての労働は売春と同じ」という言葉はいろいろと解釈の分かれるところだとは思います。

 お金があれば、つまり人の命を買うこともできるわけです。

 とある居酒屋の但し書きに話を戻します。
「横柄な態度のお客は来なくて良い――」
 これを突き詰めていけば……「自分の気に入らない人間は店に来なくて良い」ということなりますが、果たしてそれで商売ができるのか疑問に思います。
 時々頑固オヤジの店みたいなものがありますが、ああいう路線なのでしょう。

 自分は店員さんに対して敬意をもって接しているつもりですが、もし飲食店でくだんの但し書きを見つけたら、複雑な気持ちになると思います。まさか食べずに店を出ることはないけど、二度と行こうとは考えないでしょう。
 なぜなら、お金の威力を舐めてると思うから。
 ボランティアでやっているならそういう但し書きがあっても仕方がないと思いますが。

 そういえば……お金の威力の話からは離れますが。
 偉そうにすることによって、自分の重要度を上げるというか、自分を実際以上に大きく見せることが可能なので、他人に横柄な態度をとる人間は、そういうことで成功体験でもあるのかもしれません。
 しょうもない成功体験だと思いますが。

 一部の人間は、偉そうにしている人間をみて「偉い」と錯覚するのでしょう。
 しょうもない人間が偉そうにして、しょうもない人間がそれを祭り上げているわけです。
 優しい世界ならぬ奇妙な錯覚の世界。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.