まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

家で食べたもの

うまかっちゃんの美味しい作り方

投稿日:2015年3月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

うまかっちゃんの袋麺

人によって違う、うまかっちゃんの作り方

 うまかっちゃんの美味しい作り方ですが、結論から。
 人それぞれ。

 ネットで検索してみると、水は少な目で、かつ茹で時間も短め、というのがありました。
 茹で時間は短め、というのは自分も同じですが、水の量は規定通りが良いと思います。
 水の量は550㏄です。
うまかっちゃんの袋麺の裏
 一般的な袋ラーメンは、だいたい500㏄ぐらいなので、それよりも若干多いです。
 味が濃いのが好きなら水を少な目にしたほうがいいのかもしれません。私はスープがひたひたになっているのが好きなので……。
 もしくは、水の量は550㏄で顆粒だしを追加でいれるとか。

土鍋でうまかっちゃん
 いつも土鍋でうまかっちゃんを作っているんですが、その点にこだわりはありません。
 ふつうに雪平鍋でも問題ないです。
 というか土鍋は、麺が伸びるのが早いかもしれません。

 鍋で調理してどんぶりに盛って、というのが面倒なので土鍋を使っているに過ぎません。
 鍋で調理して鍋のままで食べる、というのもアリだとは思います。

 肝心のうまかっちゃんの作り方ですが、土鍋に水を550㏄入れて、コンロの火を付けます。
 沸騰直前に麺をいれます。
※麺は、いつも4つに割ってから茹でます。邪道かもしれませんが、そのほうが食べやすいので。

 麺の形がほぐれたら火を止めます。
 スープの素と調味液を入れ、軽く混ぜる。
 完成。

 沸騰してから麺を入れると、食べているときに麺が伸びてしまいます。
 沸騰直前がいいです。
 また、沸騰するかなり前に麺をいれるとやはり伸びやすいです。
 茹で時間ですが、測ったことはありませんが、とにかく箸を麺にいれて、麺が離れたらOKです。
 うまかっちゃんの麺は、これ、絶対に固いよ、というぐらいが丁度良いです。
 確かに最初の一口は固くて、芯が残っている感じですが、食べているうちに丁度良くなります。

 たとえばマルタイ屋台ラーメンとかは、しっかりと茹でないと食べられたものじゃないですが、うまかっちゃんは固いままでOKです。
 伸びるとマズいです。

 うまかっちゃんは色々と種類がありますがノーマルが1番です。
 トッピングについては、何も入れないのが、確実かと思います。
 卵や野菜類を入れると、茹で時間が微妙に変わってしまって、失敗する可能性が高くなります。
 追加の具材を投入するなどのアレンジはプレーンに慣れてからが良いでしょう。

 もし、追加で具材を追加するなら、もやし、またはざく切りしたキャベツが合うと思います。

個人的に美味しいと思う、うまかっちゃんの作り方

 水は規定通り550㏄。
 沸騰直前に麺を入れる。
 茹で時間は極端に短く。
 麺がほぐれたらOK。
 スープの素と調味液は火を止めた後に入れる。
 余分なものは何も入れないのが良い。

 あくまで主観的な「うまかっちゃんの美味しい作り方」でした。

 ↑ 公式による作り方の動画です。
 動画で確認すると、自分の茹で時間は、だいたい1分ちょっとぐらいですね。
 3分だと伸びてしまいます。柔麺が好きならそれもアリかも。
 パスタは柔麺が好きですが、うまかっちゃんは固めのほうが好きです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-家で食べたもの

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.