まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


雑記など

どうやったら絵が描けるようになるか。効率的な練習方法は?

投稿日:2018年12月19日 更新日:

LINEで送る
Pocket

絵の練習方法

 下手なりに絵が描けるようになりました。
 レベルは低いので、参考になるかどうかは分かりませんが、自分なりに絵がうまくなる練習方法を述べるとするなら、当たり前だけども「絵を描くこと」「絵を描き続けること」です。

 解説の前に、才能について。
 絵を描く才能は、たいていの人には備わっていると思います。
 練習しないから描けないだけです。
 ほとんどの人は練習すれば絵が描けるようになります。
 しかし、中には、どうしても泳げない人、どうしても自転車に乗れない人がいます。
 そういう意味では、絵が描けない人も存在します。
 その場合は諦めてください。
 けれども繰り返しますが、ほとんどの人は練習すれば絵は描けるようになります。

 そういえば、絵のエントリーに関して上から目線のコメントが入ったことがありましたが、その人がいうには絵は才能が大事らしいです。
 思い込みだと思います。
 才能と一口にいっても、文脈によっても変わってきますから、一概には言えませんが。

 たとえ話をひとつ。
 絵を描くこととコンビニで働くことに共通していることはほとんどありませんが、たとえば、初心者のコンビニ店員は、いかにしてベテランになっていくのか(別にコンビニに限りません。ありとあらゆる仕事が該当します)。
 働き始めて1日目のコンビニ店員は、レジ打ちさえも満足にできないでしょう。
 少しイレギュラーな事態が発生すると自分では解決できません。
 しかし、2週間、3ヶ月、1年とコンビニ店員を続けていくことによって、徐々にレベルがアップしていきます。
 1日5時間労働として、1週間のうち5日間働くとして、1ヶ月で100時間。
 たとえばのその100時間を丸々絵を描く時間に充てれば、絵はうまくなります。
 絵を描かないのに、絵がうまくなることはありません。
 1年に換算すれば、1200時間になります。
 それだけ描けばバカでも描けるようになるはずです。

 とは言っても、描き続けることは難しいです。
 働けば給与が発生しますが、絵の練習は無償です。
 自分への投資と考えることも出来ますが。

 どんな絵を描けばいいか。
 最初は模写で十分です。
 しかし、模写ばかりやっていると、模写しか描けなくなります。
 だから、最初は模写から初めて、徐々にオリジナルの絵を描いていけばいいと思います。

 絵の論理を学ぶのは、後からでもいいです。
 とにかく描くこと、描き続けることが大事だと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2019 AllRights Reserved.