まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


購入して使ってみた感想

カシオ「MTP-1228DJ」のレビュー。チプカシに見えないチプカシ

投稿日:2018年9月22日 更新日:

LINEで送る
Pocket

 腕時計を買いました。
 カシオの「MTP-1228DJ-2AJF」です。
 価格は2,980円。
 いわゆるチープカシオです。
 価格的には最上位クラスのチープカシオになるでしょう。

 機能は最小限です。時計表示、曜日、日付表示。

 小ぶりな時計です。
 ケース直径は40ミリ。
 ケースの厚みは9.1ミリで、シャツの袖口にも引っかかりません。
MTP-1228DJ、横から ▲「MTP-1228DJ-2AJF」はチプカシですが、安っぽさはありません。
 とても3,000円の時計には見えないです。
 15,000円前後の時計に見えます。
 さすがにそれ以上の価格の時計と比べると見劣りすると思います。

 あ、しかし、15,000円前後の時計で、この「MTP-1228DJ-2AJF」より安っぽく見える時計はごまんとあると思います。
 そういう意味ではコストパフォーマンスは高い腕時計といえるでしょう。
MTP-1228DJ、上から ▲Amazonのカスタマーレビューでは、時々「値段相応」と言う人もいますが、自分は値段以上の品だと思います。
「値段相応」と評価する人はいったい何と比べているのか知りたいです。
 たとえば他社製品で、3,000円前後の時計で、このカシオの「MTP-1228DJ」系統を質感や機能で超える時計があれば教えてほしいと思います。

 マイナス点としては、個体によっては秒針がズレていたり、日付表示に不具合が発生することがあるようです。
 ほか、よく目にする欠点は「秒針が見づらい」ぐらいでしょうか。

「MTP-1228DJ」のベルト調整

「MTP-1228DJ」はヨドバシで購入したのでついでにベルト調整も行いました(無料)。
 3,000円以下の時計なので少し気が引けたのですが、普通の時計と変わらず対応していただけました。

 ベルト調整はしたけれども使っていくうちにベルトが長いと感じたので自分で調整してみました。
 ネット上にはベルト調整の記事が上がっているし、思ったよりも簡単という人が多かったので大丈夫だろうと思ったのですが、当たり前だけど、適切な道具をそろえないと無理です。
 空手では不可能。
 必要な道具は、ラジオペンチやハンマー、小さめのマイナスドライバーとのことですが、引っ越ししたばかりで、道具が満足にありません。
MTP-1228DJのベルト調整の道具 ▲自分が用意したのは以下の2点。
 毛抜きと小さな釘。

「MTP-1228DJ」のベルト調整は道具があれぱそれほど難しくはないです。
 慣れれば簡単です。
 経験がないと少々難しいと感じるかもです。

 釘はベルトの穴に押し込んで、てこの原理でピンを押し出せば簡単に抜けます。
 最初は縫い針でトライしましたが、弱すぎて縫い針が折れました。
 しかし縫い針でピンを1本は抜けました。
 2本目が抜けず釘を用いたところあっさりと抜けました。

 毛抜きは、ピンを挟んで引っ張り出すのに使用します。
 調整後にピンを元通りにはめますが、このときにハンマーを使います。
 ハンマーはなかったので手で押し込みました。
 ドライバーの尻とかで叩いてもいいでしょう。
MTP-1228DJはベルトの微調整が可能 ▲「MTP-1228DJ」のベルトはバックルのところに穴(白いマークのところ)があり、微調整可能です。

 1,000~2,000円クラスのチープカシオはそれなりの質感で一目で安物と分かるけど、この「MTP-1228DJ」はとても安物には見えないです。
 ま、分かる人が見れば(チプカシだ……)ということになるでしょうけど(笑)

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-購入して使ってみた感想

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.