まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


雑記など

ぶつかり屋なるものは存在するのか

投稿日:2018年5月10日 更新日:

LINEで送る
Pocket

歩く女性
※これを書いているのは男性です。

 道を歩いている人(主に若い女性?)に、わざとぶつかる人がいるそうです。
 最初にその話題を聞いたときは、自分が避けないからぶつかるんじゃないの? と思いました。
 車同士でも歩行者同士でも似たようなところがありますが、こちらが避ける。するとあちらも避けます。
 こちらが避けないと、あちらも避けません。

 それで、ぶつかられるのは、女性が多いとのことで、確かに一部の女性って、避けないイメージがあります。だから、自分が避けないからぶつかってるんじゃないの? と思いました。

 しかし中には頭のおかしな人間もいるもので、わざとぶつかってる人も確かにいるみたいです。
 自分はわざとが一部で、大半は、自分が避けないからぶつかるのだろうと思います。
 実は逆で、わざとぶつかるのが大半で、本当の事故は一部かもしれません。

 少し前ですが、家の近くで、道の左側を歩いていて、右側から中年のオバサンが現れて、自分の前をわざわざ横切って、自分の左側をすり抜けていきました。
 意味が分からない。
 自分が、真ん中を歩いているならまだ分かるけど、左端を歩いていたのに、その左端めがけてまっすぐに進んできたんです。
 頭のおかしなやつがいるなと思いました。

 あとは……道を歩いていたら、バス停があって、ちょうどバスがとまって、バスの中からやっぱりおばさんが勢いよく飛び出てきて、ぶつかりそうになったこともあります。
 自分は道の左側を歩いていましたが、思わず立ち止まりました。

 もし、ぶつかられそうになったら、立ち止まればいいです。
 もしくはこちらが早めに避ける。
 それでぶつかってくれば相手が悪い。
 あと、人混みの中では難しいけど、できるだけ人の前を横切らないようにすれば、ぶつかる可能性は低くなるでしょう。
 人の前を横切るのをなんとも思っていない人間同士が近づくと、ぶつかる可能性は高いと思います。

 ただ、動く物体同士だから、タイミングが悪い場合はあると思います。
 小さな踏切があって、そこはちょうど人がひとりしか通れません。その踏切を渡ろうとしたら、あちら側から男性が来るのが見えました。
 タイミング的に、こちらが先に通れそうだったから、踏切に侵入したけど、相手は帽子を目深にかぶっていて、こちらの存在に気づいていませんでした。
 結果、ぶつかりはしなかったけど、手と手が衝突して、一瞬、文句を言おうかと思ったけど、結局何も言いませんでした。
 この場合は、先にその場所を専有していたほうが有利なはずです。すなわち自分のほうが先に踏切に入っていたので、自分のほうが優先権があるはずです。
 まあしかし、一瞬のことだし、こちらが先に侵入していたとはいえこちらも避けなかったし、どちらも動いていたから、一方的にどちらが悪いとも言えないと思います。

 あとは……道をまっすぐ歩いていたら、横断歩道を老人が渡ってきて、ニアミスしたことがあります。どこにこいつは目を付けてるんだ? と思いました。
 別に何もいいませんでした。
 だから、ついうっかりというのはあると思います。
 または、可能性は低いですが、目が悪い場合もあるかもしれません。
 右目が見えない場合、右側にいる人がほぼ見えなくて、相手からしたら、全く避けないように見えるでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.