まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


雑記など

夜中の3時、歩行者が道路を横断中に車に轢かれた場合、車が悪い?

投稿日:2018年6月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

 夜中の3~4時に、歩行者が道路を横断していたら、車に轢かれて、大けがをしたり亡くなったりする事故。
 時々聞きます。

 この場合、車を擁護する意見が多いのも珍しいことではありません。
 いわく、道路は道路であり、人が歩く場所ではない。これで車のドライバーが逮捕されるのは可哀想。ドライバーは加害者ではなく被害者。

 一理あると思います。
 道路を横断する歩行者に非があると、自分も思います。

 けど、車の速度も同時に気になります。
 制限速度を大幅に超過していた事例も多いのではと思います。
 もし、制限速度をきっちりと守っていて、それで道路を横断していた歩行者を轢いたら、自分は車の運転手に同情します。

 これも想像ですが、歩行者は、たぶん車の速度を見誤ったんでしょう。
 昼間と、夜間は、速度が違う場合がありますから(夜間のほうが速度超過の割合が高い)。
 まだ車は遠くにいるから充分に間に合うと思ったら、予想以上に車の速度が出ていて衝突してしまう、ということはあり得ると思います。
 これを防ぐには、車を2度見することです。1度見て、少し間を置いてもう1度見てみる。

 速度超過をして、それで歩行者をはねてしまった場合は、車の運転者には同情はできません。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.