まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


PC、スマホ、時計、デジカメ関連

USBタイプのサウンドブラスター「SB-XFI-SR5R2」を購入

投稿日:2018年5月7日 更新日:

LINEで送る
Pocket

外付けサウンドカードを購入

 パソコンのサウンドカードはcreativeのSound Blaster Audigy Fxを使用しています。

 Sound Blaster Audigy Fxは、価格が安いこともあって、ちょっと音が良くないです。
 オンボードに毛が生えた程度。
 レビューについては以下をご覧下さい。
PCにサウンドカード「Sound Blaster Audigy Fx」を装着。音が良くなる 

 それでこのたび外付けのUSBタイプの、サウンドカード? ではなくてサウンドユニットというべきでしょうか。
 Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro(SB-XFI-SR5R2)を購入しました。
 こちらは、定価は7,600円なので、Audigy Fxのざっと2倍以上はします。

※Amazonのレビューで、SB-XFI-SR5R2はWindows10で使えないとありますが、自分の環境だとWindows10でも問題なく使えます。
 恐らくレビュアーの勘違いか、インストールの仕方が間違っているか、もしくは初期不良なのでしょう。一番可能性が高いのは、レビュアー本人の勘違いだと思います。
SB-XFI-SR5R2パッケージSB-XFI-SR5R2
 同じようなUSBタイプの外付けのサウンドユニットのSound Blaster Digital Music Premium HDと少し迷いましたが、価格差を考慮して、安価なSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proのほうに決めました。

 外付けサウンドカードで売れている製品はこちら。

 

 Sound BlasterX G5を買っておけば間違いはないだろうけど、これはゲーマー向けなので、自分にとっては不要かなと思いました。

SB-XFI-SR5R2をパソコンに取り付けてドライバをインストールするが……

 接続はUSBなので簡単です。
 接続すればすぐに音は鳴りますが、ドライバーを入れないと性能は発揮されません。
 というか昔は、ドライバーを入れないと認識さえされなかったのにずいぶんと楽になったものです。

 公式のドライバーのページをみると、Windows用と、Windows10用の2つがあったので、後者のWindows10用のドライバーをダウンロードして、パソコンにインストールしました。
 色々設定をいじってみようと思ってオーディオコントロールパネルを開こうとするけど、エラーが出ます。

このアプリケーションがサポートしているオーディオデバイスが見つかりません。アプリケーションを終了します。

 うーん、おかしい。
 ネットで情報を調べても分からない。

 それで、いったんドライバーを削除して、Windows10用ではなく、Windows用のドライバーを入れると――正常に動きました。
 オーディオコントロールパネルが開けない不具合が発生するなら、ドライバーの種類を疑ってみた方がいいと思います。

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proの音

 SB-XFI-SR5R2に変えて、音がどれぐらい変わったか?
 ……期待値が100としたら……100は超えなかったです。
 オンボードよりは上なのは確かですが、購入して良かった! と思えるほどではないです。
 過度な期待をしすぎせいかも。

 接続はマザーボード直差しです。

 あと、パソコンの音、サウンド系に関しては、個々の状況が異なるので、自分にとってそれほど良くなくても、別の人にとっては素晴らしいことも充分にあり得ます。
 音なので、スピーカーによっても異なるし、マザーボードとの相性などもあるし、USBの規格の違い(2.0と3.0、3.1など)なども関係するかもしれないので、なんともいえないところがあります。

 もしUSB Sound Blaster Digital Music Premium HDとSound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proで迷っている人がいれば、自分は試してないから無責任だけど、前者のほうをお勧めします。

 自分の環境では、Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Proの音質は、Sound Blaster Audigy Fxより少し上程度でした。
 定価は2倍ほど違うので、かなり音が良くなると期待したけど、それほどでもありませんでした。

 主観的な評価ですが、オンボードの音質が100として、Sound Blaster Audigy Fxが110~115。
 SB-XFI-SR5R2の音質は115~125ぐらいでしょうか。

 SB-XFI-SR5R2はコンソールで、音質を色々と調整できるので好みのセッティングにすることもできるでしょう。オンボードよりも設定の幅は広いです。

 SB-XFI-SR5R2はお勧めできるかどうかですが、もしオンボードの環境で、音楽をよく聴いたりするなら、追加する価値はあると思います。
 けど、絶対にお勧め! 使わないと損する! というほどではないです。
 すでにサウンドカードを使用しているなら、特段お勧めはしないです。

 サウンドカードに、上中下をつけるとしたらSB-XFI-SR5R2は真ん中ぐらいでしょう。
 決して高音質のサウンドカードとは言えません。

 3年ほど前までは「Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer」を使っていて、これはとても音が良かったです。
 マザーボードが壊れて交換したときに、接続端子の関係で「Xtreme Gamer」は使えなくなりました。
パソコンが突然起動しなくなる
PCのマザーボードをGA-H61M-DS2 REV5.Xへと交換したその後

 主観的評価ですが、音質はオンボードが100として「Sound Blaster Audigy Fx」が110~115。
「SB-XFI-SR5R2」の音質は115~125ぐらい。
「Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer」は135~140ぐらい……でしょうか。

 ちなみにスピーカーはZ120を使用しています。

 Z120は安い割によい音がします。
 JBLやBOSE、オンキヨーのスピーカーも使いましたが、それらと比べるともちろんZ120の音はよくありません。
 けど、1,500円のスピーカーとしては優秀だと思います。
 使い方にもよると思いますが、机上で小音量で聴くならZ120はコスパ最高です。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-PC、スマホ、時計、デジカメ関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.