まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

通勤バイク(アドレスV125)関連

バイク通勤における安全運転の定義を考える

投稿日:2015年3月1日 更新日:

LINEで送る
Pocket

アドレスV125、斜め前から
 管理人は、アドレスV125という原付2種のスクーターで通勤しています。
 購入は2007年なので、今年で8年目です。
 アドレスV125については、以下のエントリーをご覧ください。
MyアドレスV125(K7)
アドレスV125(K7)の加速についての話
アドレスV125の7年間の整備記録
アドレスV125で通勤して分かったこと

バイクは危険な乗り物

 通勤で最も重視する点は「安全であること」だと思います。
 ほかには、通勤にかかる時間(短いほどよい)、経済的であること(安価なほうがよい)、などがあげられます。
 ですがやはり安全に、というのが最重要でしょう。
 いくら目的地に早く辿り着けても、電車よりランニングコストが安くても、事故の危険と隣り合わせという状況なら電車通勤のほうがよいです。そちらのほうが長生きできます。
 安全に目的地に辿り着く。
 書いてしまえば簡単ですが、実際はなかなか難しいことだと思います。
 たとえば交通法規を完璧に守れば安全でしょうか。
 建前的にはそうなります。ですが、自動車学校で習ったことをそのまま公道に持ち込むと、嫌な思いをしますよね。嫌な思いだけならいいけど、同時に危険でもあったりします。
 かといって交通法規にとらわれずに運転すると危ない目にも遭うし、交通警察のお世話になる場合もあります。
 要はバランスだとは思いますが、このバランスを文章で表現するのは難しいです。
 制限速度は守らなければならない。それは当たり前ですが、バイクや4輪に限らず、頑なに制限速度を守る人がいますが、もちろんそれは正しいです。ですが、道路にはいろんな人がいますから、制限速度を守っていると、守らない車に追いつかれます。
 なので、速度については「流れにのる」という選択肢が場合によってはベストでしょう。歯切れの悪い言い方ですが、ケースバイケースだと思います。

後ろから見られていると仮定すると……

 速度以外の運転について、発進や停止、交差点の通過などについては、折に触れてこう考えるようにしています。
 後ろに、パトカー、もしくは白バイがいる。
 こう考えると、ある程度安全に配慮した運転ができるかと思います。

 かといって、この考えも時と場合によります。
 たとえば、右折待ちをしている。矢印信号が青になって発進する。
 けど、途中で赤に変わった。1台や2台はそのまま右折する場合もありますよね。
 自分の後ろにいる車が曲がるつもりで距離を詰めている場合は、赤になったからといって停まると追突される危険があります。
 この場合は、信号を無視してさっさと右折するべきです。
 厳密にいうと信号無視です。
 けれど、停まったらぶつけられますから、そのまま進むのが正しいということになると思います。

 信号についての考え方ですが、ときどき黄色や赤でそのまま滑り込む車がいますが、できるだけ停まったほうがいいです(当然ですが)。
 ほかの車に迷惑をかけることになります。
 信号が赤になっても直進していると、右折待ちの車が交差点で立ち往生する事態になりかねません。
 また、見切り発車する車もいますから、特に見通しの悪い交差点だと出会い頭に衝突する、という場合もあり得ます。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-通勤バイク(アドレスV125)関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.