まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


購入して使ってみた感想

モンベルの財布「ジップワレット」と「ミニジップワレット」を購入

投稿日:2018年3月28日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ジップワレットとミニジップワレット

モンベルの財布「ジップワレット」を購入

 新しい財布を購入しました。
 モンベルの「ジップワレット」です。
 色は「テラカッタ」
 赤っぽい茶色(個人的には、大地の色と認識しています)。

 ▲mont-bell ジップワレット

 モンベルの「ジップワレット」は二つ折り財布に分類されます。
 ラウンドファスナー式。
 札入れは2室あり、カードの収納は6カ所あります。カードは重ねれば、10枚前後は入りそうです。
 カードの収納場所は、財布を開いて、右側に4カ所、左側は2カ所あります。結構カード収納は多いです。
 財布の内部の中央上部には輪っかがあって、キーなどを引っかけられます。
 チェーンなども装着できると思います。

 札入れの部分が少し狭くて、お札の出し入れしづらいです。
モンベルのジップワレット ▲「ジップワレット」は小銭入れも付属しますが、スペースは小さめで、開閉はマジックテープです。
 このマジックテープの部分が、ファスナーか、ボタン式であれば最高でした。
 バリバリと音がするのはちょっと……。

 財布を購入するにあたり、幾つか条件を考えました。
・革製品はできれば不可
・値段は安くてもいいが、品質を考えると5,000円前後ぐらい
・軽く、小さい財布が望ましい
・形態は、二つ折り、ないしは長財布
・小銭入れは必要
・マジックテープは不可
 財布について色々と悩んだ前回の記事は以下をご覧下さい。
新しい財布が欲しい。革製品は避けて、布。軽く小さく、マジックテープはなし……などの条件で財布を物色中

「ジップワレット」のマイナスポイント

 条件を考えるとモンベルの「ジップワレット」が最適に思えました。
 唯一条件に合致しないのが、小銭入れのマジックテープの部分。
 我慢して使うか、もしくは改造してもいいかと考えました。
 マジックテープ部分を削ってボタンを増設するわけです。
 しかし改造は失敗したらゴミになるので、できればノーマルのまま使いたい。

モンベル「ジップワレット」はコスパ最強?

 モンベルの店舗に足を運んで、実物の「ジップワレット」をみてきました。
 厚みが予想よりちょっとありましたが、横幅縦幅のサイズは思った通り。
 小さすぎず、大きすぎず。
 値段の割には、しっかりとした財布です。
「ジップワレット」は1,200円程度の安い財布ですが、チープさはありません(高級感もありませんが)。
 細部の作りはさすがモンベルといえるもので、精度は高いです。
 とてもとても1,200円の財布には見えません。
 3,980円~4,980円ぐらいの財布に見えます。

 けど、やはり小銭入れのマジックテープは難点です。
 まあ、気にしない人も多いみたいですが……。
 あくまで小銭入れの部分なので、大きな問題ではないかもしれません。

 店員さんに「ジップワレット」のような財布で、小銭入れの部分がファスナー式かボタン式のものはありますか? と聞きましたが「ありません」との答え。
 代わりにお勧めされたのが以下の「ミニジップワレット」

 ▲mont-bell ミニジップワレット

「ミニジップワレット」はファスナー式ですが、これは小銭入れです。

「トレールワレット」は在庫なし

 新発売の「トレールワレット」はマジックテープ式ではないので、実物をみるつもりでしたが、店舗には未入荷でした。
 カタログを見る限りは薄い財布ですが、薄すぎるように思えます。
 今度機会があれば確認してみます。

「ジップワレット」と「ミニジップワレット」を購入

 5分ほど迷って、結局「ジップワレット」と「ミニジップワレット」を購入しました。
 つまり「ジップワレット」の小銭入れは使わず、小銭は「ミニジップワレット」に収納します。
 財布がふたつあるのは、荷物になるかもしれないけど、それはしばらく使用してから判断しようと思います。

 迷った末に購入したわけですが、決め手は価格でした。
 2つ購入しても2,000円と少し。
 失敗してもいいと思える値段でした(モンベル製品は人気があるので、オークションなどでも買値近くで売れやすい)。

 ホームセンターで1,000~3,000円ぐらいの財布を買うぐらいなら、モンベルの「ジップワレット」のほうが断然良いです。
モンベルのミニジップワレット ▲「ミニジップワレット」
「ジップワレット」は安価ですが「ミニジップワレット」は少し割高だと思います。
「ミニジップワレット」は、小銭入れのスペースが2カ所あり、カード入れも2カ所あって、お札も折りたためば入ります。
 けどやはり小さい。
 メインの財布としては使えないでしょう。
「ミニジップワレット」の小銭の収納力は高いとはいえませんが「ジップワレット」に付属する小銭入れよりは容量は多いです。
「ミニジップワレット」がもう少し大きかったら、ぎりぎりメインで使える財布になるかも……と思いました。
 もし一回り大きくなったとしても、お札を沢山入れるのは厳しいかもですが。

 しばらく「ジップワレット」と「ミニジップワレット」体制で生活してみます。

 会計の時に、2つの財布を出すのは面倒と思ってたけど、1,000円を超える場合は「ジップワレット」で、金額が千円以下の小銭で済むなら「ミニジップワレット」を出せばスマートかもしれません。

 ▲mont-bell ジップワレット

編集後記

 モンベルの「ジップワレット」、かなり気に入りました。
 ポーターの二つ折り財布と比べると、使い勝手はポーターのほうがいいけど、質感やサイズ、コストパフォーマンスでは「ジップワレット」のほうが上だと思います。
 Amazonのレビューでも、長年愛用している人のレビューが目立ちますが、とても納得できます。
「ジップワレット」はよいものです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-購入して使ってみた感想

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.