まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


「ゲーム・オブ・スローンズ」関連

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」で好きなキャラ5選「主要登場人物編」

投稿日:2019年1月30日 更新日:

LINEで送る
Pocket

 ▲GOT1話

 海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」で個人的な好きなキャラを紹介します。
 好きなキャラはたくさんいるので、今回は主要登場人物編です。

 ▲1位はアリア・スターク。
 最初はどうでも良い存在でしたが物語が進むにつれて、好きなキャラになりました。
 レディでありながら剣術を学んで(最初はあまり上達しないけど)、五王の戦いでは流浪の身となり、様々な輩の人質になり、ブレーヴォスでは視力を奪われて乞食にまでなり……棒で叩かれナイフで刺され、さんざんな目に遭いつつも暗殺者として成長し、ウェスタロスに戻ってきます。
 ドラクエ5の主人公を超えるほどの波瀾万丈の人生!
 シーズン8でも活躍してくれることでしょう。

ティリオン・ラニスター ▲2位はティリオン・ラニスター。
 ティリオンは「ゲームオブスローンズ」の顔だと思います。
 彼がいなければ「ゲームオブスローンズ」は「ゲームオブスローンズ」になり得ません。
 パズルのピース的なキャラです。
 小人であることこそが彼の強みだと思います。
 彼が普通の背丈だったら、面白くありません。
 ティリオンは別に正義でもなんでもないし、間違ったことも沢山したけど、それでも前に進む姿勢は見習いたいものです。

ジェイミー・ラニスター ▲3位はジェイミー・ラニスター。
 最初は悪役でしたが、シーズンが進むにつれて複雑なバックグラウンドが明かされていき、存在感を増していきます。
 手首の切断は衝撃的でした。
 あれ以前と以降で彼は変わったと思います。

4位はシオン・グレイジョイ。
 スターク家で育った、グレイジョイ家のプリンス。
 グレイジョイ家が反乱を起こし、敗北し、その人身御供としてウィンターフェルで育ちます。
 そのため、スターク家での扱いはよくありません。
 五王の戦いでは、グレイジョイ家に戻り、スターク家に味方しようとしますが、父の反対にあい、スターク家を裏切ることになります。
 結果、スターク家の小領主に捕まって、拷問されて、ひどい目にあいます。
 その後の境遇も、過酷を極めます。 
 父や家族を裏切って、スターク家につけば、拷問されることはなかっただろうけど、それによって自分の立ち位置を見失ってしまうだろうから……うーん難しいところです。
 人は、最悪の危機の時にその最悪の危機に気づかないそうです。
 なんでも、これ以上事態が悪くならないと無意識に考えてしまうそう。
 シオンを見ていると、それが実感できます。
 今が最悪と思えるところからさらにどーんと落ち込むところが衝撃的。
 彼の境遇を考えると、人生を考えさせられます。

 ▲5位はサンダー・クレゲイン。
 基本は嫌なキャラなんですが、顔の火傷が、彼の精神に少なからずの影響を与えているようです。
 兄はひたすら悪人ですが、弟のクレゲインはまだそこまで染まっていません。
 彼も、アリアほどではないにしろ、波瀾万丈の人生だと思います。

ゲームオブスローンズの落書き ▲ゲームオブスローンズの落書き

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-「ゲーム・オブ・スローンズ」関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2019 AllRights Reserved.