まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


「ゲーム・オブ・スローンズ」関連

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」の各登場人物の強さ表

投稿日:2018年3月29日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ゲームオブスローンズのロゴ

ゲームオブスローンズで誰が一番強いか

 海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」のキャラで誰が一番強いのか考察してみました。
 強さの数字ですが18が最高。
 9が真ん中。3が最低。
(分かる人には分かる、6面体さいころ3回)

 基準は以下とします。
17~18 国を代表するような、一角の戦士、剣士
14~16 前線指揮官、盗賊団の頭目クラス
11~13 訓練を受けた屈強な兵士
8~10 訓練を受けた兵士、屈強な成人男性
6~7 訓練を受けていない兵士、成人男性
3~5 弱った兵士、老人、子ども

 数字は、主観的な評価です。
 作中での戦闘場面などを参考に、大体これぐらいだろうと判断。
 見落としなどもあるはずなので順次、更新していきます。

カール・ドゴロ 18
グレガー・クレゲイン(通称マウンテン) 18
サンダー・クレゲイン(通称ハウンド) 17
オベリン・マーテル(ドーン人) 17
ロラス・タイレル(花の騎士) 16
ブライエニー・タース(女剣士) 16
シリオ・フォレル(アリアの剣術指南) 15
ミアのソロス 15
ダーリオ・ナハリス 14
ジェイミー・ラニスター 14 右手喪失後8~
ブロン 14
ジョン・スノウ 14
ジョラー・モーモント 13
エダード・スターク 13
イグリッド 13
グレイ・ワーム(穢れなき軍団) 13
バリスタン・セルミー 13 全盛期16~?
ロドリック・カッセル(スターク家の武術師範) 12
マーリン・トラント 12
ジョリー(エダードの護衛、衛兵隊長)11
ロブ・スターク 11
ヨーレン 11
シオン・グレイジョイ 9
ロバート・バラシオン 8 全盛期14~
ティリオン・ラニスター 7
ポトリック(ティリオンの従士) 7
アリア・スターク 4~ 最終的には18?
マイカー(アリアの練習相手) 3
ジャクエン・フ=ガー 不明

意外に強いのは?

 予想外といっていいのか、思った以上に強いのがロラス・タイレル、通称花の騎士。
 ドラマ内で、マウンテンは花の騎士ロラス・タイレルと槍試合を行って、なんと負けてしまいます。
 花の騎士ロラスは発情した駿馬を用いたそうなので、フェアな戦いではありませんでした。
 槍試合ではなく、殺し合いだと、マウンテンの勝ちは揺るぎないことでしょう。
 ただ、花の騎士ロラスは、ジェイミー・ラニスターとの槍試合で勝利しています(シーズン1の3話、ピーターの台詞)。
 以上のことから、花の騎士ロラスは意外に強いです。
 とは言っても、ジェイミー自体がそれほど強いわけではないので(平均より上ではある)、判断に迷うところはあります。
 その槍試合で、ピーターはジェイミーに賭けています。恐らくジェイミーが本命だったと予想されます。ピーターは賭けに負け、ヴァリリア鋼の短剣を手放しています(で、その短剣がブラン暗殺未遂の時に使われる)。

 もう1人、意外に強い人物をあげるとすれば――アリア・スターク! 最初は弱かったけど成長しました。トップかどうかは分かりませんが、トップクラスの強さなのは間違いないでしょう。
 シーズン7では、あくまで稽古だけど、ブライエニーと互角以上の戦いをしました。

 強さランキングについては別記事にまとめます。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-「ゲーム・オブ・スローンズ」関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.