まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」シーズン3の感想

投稿日:

LINEで送る
Pocket

「ゲームオブスローンズ」シーズン3を視聴し終わりました。
 面白かった。

 なんとなく思っていたことですが、シーズン3を見終わって確信に変わりました。
「ゲームオブスローンズ」は、自分が今まで見た海外ドラマの中でトップの面白さ。
 トップクラス、ではないです。
 トップです。
 面白すぎて、ほかの海外ドラマがかすんで見えます。
 他の海外ドラマが見られなく可能性さえあります。

「ゲームオブスローンズ」のシーズン1は、正直、それほど面白いとは思えず。
 特に序盤は少し退屈でした。
 中盤から面白くなって、後半は目が離せなくなるほどの面白さ。
 シーズン2はスロットル全開という感じで序盤から終盤まで面白かった。
 シーズン2が面白かったので、シーズン3は、少し退屈になるかと思ったら……シーズン1と2以上の面白さ!

 ※ネタバレあります。
 シーズン3で注目すべきキャラは――ジェイミー・ラニスター。
 ▲ジェイミー・ラニスター
 この俳優さんは、ハンサムはハンサムなんだけど、整ったハンサムではなく、野性的なハンサムというか、少しクセのある顔つきだと思います。
 ハンサムではない、といっているわけではありません。この人よりハンサムな俳優さんは沢山いる、という意味です。
 なんというか、親戚のお兄さんみたいなイメージもあります。
 シーズン1では、悪者というか、あまり良いイメージはなかったけど(ブランを突き落としたりネッドと決闘したり)、シーズン3ではすっかりイメージが変わりました。

「ゲームオブスローンズ」は予想外の展開が多いのですが、ジェイミーの利き腕の件も予想外。
 予想外と言えば、ロブ・スタークやその母親もそうでした。
 この陣営は好きじゃなかったけど、ああなってしまった以上は……。
 というかこの件でますます「ゲームオブスローンズ」が好きになりました。
 結局、婚姻を取りやめて従軍看護婦と結婚したのは伏線だったわけです。
 母親は間違ったことをした。
 そして息子も間違ったことをした。
 これで彼が北部の王になって物語が続くならおかしな話。
 現実だと、彼が王になるのはもあり得る話です。
 こういうことはちょっとした運が左右するので。
 そういう意味では、ロブと母親の退場は物語的といえなくなもない。

 最後、殺す必要のない人物を殺して命を落としたキャトリン・スタークですが、あのグダグダ感は人となりを表しているように思いました。
 物語の中の嫌われ役って結構好きになるタイプですが、このキャトリンは好きになれない。
 自分の子どもが大事なのは分かります。
 しかしあれは公の人物ではないです。
 貴族としては失格だと思います。

 あと、アリアは変な方向に進んでいるので少し心配ではあります。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.