まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

エッセイ

今後の北朝鮮情勢について。物事は、あとから振り返ると理由付けがしやすい

投稿日:2017年9月5日 更新日:

LINEで送る
Pocket

専門家の予想はどれぐらい当たる?

 北朝鮮問題についてです。
 専門家ではないので、よく分からないし、詳しくない分野のことを書くのはどうかとは思いますが……。

 いきなり脱線ですが、専門家のいうことは信じて良いのか? というとこれがまた違うようです。
 社会学者でフィリップ・テトロックという人がいて、面白い実験を行っています。
 その道の専門家に、得意分野について未来予測をさせました。
 すると……。
 当たる確率はほぼ半分だったそうです。
 一般人と比較してみた結果――わずかに専門家の予想のほうが当たる確率は高かったけど、誤差の範囲でした。
 専門家って一体何者? という感じですが、この実験の意味するところは、未来予測は簡単ではない、ということでしょう。

 話を元に戻すと、なので北朝鮮情勢については、「どうなるか分からない」というのが現実的な答えだと思います。
 ただ、以前と比べると、戦争の確率はずいぶんと高くなっているように思えます。

 戦争が起こる、または起こらない、と言い切るのは簡単なことなんですが、当たるも八卦当たらぬも八卦なので、それを書いたところで意味はありません。
 
 人は、理由付けの好きな生き物のようです。
 物事が何か起こったとき、理由を見いだそうとする。
 後から考えると、ハッキリと道筋が見えるからでしょう。
 関連する記事については以下をご覧下さい。
「○○が成功した理由。○○が失敗した理由」←ほとんど当てにならない件   

「どうなるか分からない」が結論だと面白くないから、今後、起こりうる展開を考えてみましょう。

 第一は「何も起こらない」
 関係各所が努力して戦争を回避するということ。
 しばらくはきな臭い雰囲気が漂うと思われますが大規模な衝突は起こらない。

 第二は「戦争」
 アメリカ軍が先制攻撃を行えば、北朝鮮は反撃能力をほぼ失うでしょう。
 多少反撃があるかもしれません。
 問題は時期ですが……え? こんなに早い時期に? もしくは忘れた頃。え? 今頃? みたいな。

 結局、この2つしかないでしょう(もうひとつ、トップだけの暗殺もあり得る)。
 北朝鮮が核を放棄するとは思えない。
 アメリカが北朝鮮の核保有を認めるとも思えない。
 だったら戦争しかない、との考え方も成立はするんですが……。

 日本が核攻撃を受ける心配はほぼないでしょう。
 アメリカ軍は真っ先に核兵器関連施設を破壊するはず。
 日本国内でテロ行為が起こる可能性のほうが高いと思います。
 ま、ここら辺もよく分かりません。
 可能性を考えると、どんなことだってあり得るので。

 楽観バイアス(物事を自分に良いように解釈すること)的に考えると、何事も起こりそうにないですが……たとえば、自分は病気にもならないし、事故にも遭わない――なんてことはナンセンスなわけです。
 必要以上に警戒するのもどうかと思いますが、全く備えないのも良くないでしょうね。

 実はこの記事を書いているときに停電になりました。
 あれ……と思っていたら回復しました。
 5分間ぐらいです。
 幸いにも自動バックアップが働いていて、記事は消えませんでした。

 北朝鮮情勢とは関係ないとは思いますが(調べたらごく一部の地域のみだったので)、停電などが発生すると、北朝鮮がらみと関連づける人は多そうです。
 何か起こるにせよ、何も起こらないにせよ、デマに惑わされないようにするのも大事だと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-エッセイ

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.