まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

PC、スマホ、時計、デジカメ関連

inspiron 11 3000のエントリーモデルとエントリープラスモデルの比較

投稿日:2017年8月18日 更新日:

LINEで送る
Pocket

inspiron 11 3000の比較

inspiron 11 3000のモデル比較

 inspiron 11 3000を購入しました。
 最初にCeleron+2GBのエントリーモデルを購入して、そのあと、ほんの1日後ぐらいに、Pentium+4GBのエントリープラスモデルを購入しました。
 最初からエントリープラスモデルを購入しておけば良かったです。馬鹿なことをしました。
※各モデルのベンチマーク比較は最後にあります。

 それは良いとして、前述のようにinspiron 11 3000は2つのモデルがありますが、異なるのは3点。
 CPUがエントリーモデルはCeleron N3050(N3060)。
 エントリープラスモデルはPentium N3710(N3700)。
 メモリ(RAM)は、エントリーモデルが2GBエントリープラスモデルは4GB。
 ストレージについては、エントリーモデルは規格がeMMC、容量は32GB。
 エントリープラスモデルは規格がSSD、容量は128GB。

 分かりづらいと思うので表にしてみました。

エントリー エントリープラス
CPU Celeron N3050 Pentium N3710
メモリ 2GB 4GB
ストレージ 32GB(eMMC) 128GB(SSD)

 性能的には、CPUの差は2倍程度。
 ネット閲覧、テキスト編集程度なら、体感差はほぼないと思われます。
 重い作業、アプリを動かすと、差は顕著になるでしょう。
 コアの数もCeleronは2、Pentiumは4なので、マルチタスクはN3700のほうが得意と思われます。
 たとえばファイルをコピーしながら、何か作業をする的なマルチタスクだと、やはりエントリープラス(Pentium N3700)のほうがスムーズに動くでしょう。

 メモリが2GBと4GBの違いも結構大きいと思います。
 ま、こちらもネット閲覧、テキスト編集程度なら、特に体感差はないかもしれません。
 ブラウザでタブを沢山開く、複数アプリを起動して、切り替えながら作業する使い方だと、エントリープラス(Pentium N3700)のほうが快適に操作できるはず。

 最大の違いは、個人的には、eMMCかSSDかの部分。
 最初に断っておくと、容量は特に気になりませんでした。
 32GBは確かに少ないけど、SDHCカードを追加すればいいし、外付けHDDを追加すれば容量の問題なんてどうにでもなります。

 eMMCの残念な点は読み書きの速度です。
 自分は、eMMCは、SSDの親戚だと思っていて(実際フラッシュメディアということでは間違いではない)、速度もそこそこ速いのだろうと思っていましたが、実際に使ってみると、かなりモッサリでした。
 SSDより少し劣るぐらいだろうと思っていたけど、少しなんてものではなく大幅に劣ります。
 ま、実はCPU(N3050)が足を引っ張っているというオチなのかもしれないけど……。

 USBメモリをつないで、回復ドライブの作成を行いましたが、eMMC搭載のエントリーモデルの場合、9GBぐらいの容量で、リカバリ領域の作成に3時間ほどもかかりました。
 そのディスクを用いて、リカバリを行いましたが、こちらもやはり3時間ほどかかりました。
 信じられないぐらい遅い。
 これは壊れているのでは? と思える遅さ。
 プリインストールアプリてんこ盛りの初心者向けPCじゃあるまいし……。

 OSの再インストールなんて、数十分で終わるのが普通です。
※後日、エントリープラスモデルでも、USBメモリでリカバリー領域の作成を行いましたが、やはり3時間ぐらいかかりました。eMMCだから遅いというわけではないようです。

inspiron 11 3000はエントリープラスモデルがお勧め

 inspiron 11 3000のレビュー記事で、エントリープラスがお勧めされていることが多いけど、自分も同意見です。
 正直、触ってみるまでは、軽い作業だったら両者にそんなに大きな差はないだろうと思っていました。
 いや、大きな違いがあります。

 もしメインで使っているデスクトップ機のストレージがHDDなら、エントリーモデルの動作の速度は特に気にならないかもしれません。
 しかしメイン機でSSDを使っていてその体感速度を知っているなら、エントリーモデルのeMMCの激遅さにイライラするでしょう。
 2万円程度高価になるけど、エントリープラスのほうがお勧めです。

 エントリープラスモデルはサクサク動きます。
 比べてみれば一目瞭然です。

 外側は同じような形をしているけど、中身はまるで別物といってもいい。

 エントリープラスモデルはスペックが高いから、ストレスも少なくてお勧め――的にいう人は多いけど、その言葉に間違いはありません。
 一方はまるで5~6年前のノートPCみたいにモッサリ。

inspiron 11 3000のベンチマーク比較

 inspiron 11 3000のベンチマークの比較です。

inspiron 11 3000、エントリーモデル 
inspiron 11 3000、エントリーモデルのベンチ
 結構健闘していると思います。

 

inspiron 11 3000、エントリープラスモデル
inspiron 11 3000、エントリープラスモデル
 ベンチマークソフトの数値的にはそれほど大きな違いはないですね。
 体感的には、1.7倍前後ぐらいの差は感じます。

 

こちらはメインのデスクトップ機です。
メイン機のベンチ
 マザーボードが安物で、SATA2なので、ディスクの数値が低いのでしょう。

 

 おまけ。
 こちらは、2009年製のモバイルノート。
「FMV-BIBLO LOOX C/E70」
FMV-BIBLO LOOX C/E70のベンチ
 2009年当時における「FMV-BIBLO LOOX C/E70」のスペックはミドルクラスぐらい。
Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-PC、スマホ、時計、デジカメ関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.