まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


料理や調理についての話題

料理が上手な人と、料理が下手な人の違いはどこにあるのか

投稿日:2015年1月16日 更新日:

LINEで送る
Pocket

チャーハン

料理は経験がものをいう

 料理が上手な人と料理が下手な人の違いですが、これはもう単純に、人生の中でどれだけ料理に時間を使ったか、ということだと思います。
 お母さんが料理が上手なのは(中には料理が苦手なお母さんもいますが)、長い時間、料理に携わっているからに違いありません。
 ちゃんとした技術や知識の習得も大事ですが、どれだけ料理の経験があるか、どれだけ時間をかけたか、というのも重要です。

 単身者の一人暮らしは、調理にかける時間は、その人のバックグラウンドも関係しますが1日合計で数十分、長くても1時間程度ではないでしょうか。
 仕事をしていると、夕飯をつくるのが面倒に思えて、スーパーのお総菜で済ませることもあるでしょう。

 専業主婦の場合は、家族の分も作らないといけないから、1日1時間以上はかかるでしょう。
 さすがに6時間もかかる、ということはないと思いますが、とにかく単身者よりも調理にかかる時間は多いわけです。
 これがお母さんのつくる料理が美味しい、ということに繋がるのだと思います。

 けれど調理を仕事として行っている場合、1日10時間前後は調理に携わります。
 10時間ずっと調理していることはまずないので、5~7時間ぐらいでしょうか。
 なので料理を覚えたければ、料理教室に通うよりも、飲食店の厨房で働いたほうがお金はもらえるし経験は積めるしいいことずくめです。
 場所によっては、料理というよりは作業になっているところもあるので、そういう場所だと、働いたとしてもあまり意味はないかもしれません。

 自炊する場合の調理の時間と、業務で調理をする場合の時間は、桁が違うので、同列には語れないと思います。
 当然、業務で調理しているほうが調理技術は上がります。
 自炊の場合の調理時間は1日数十分から1時間程度なので、大したことはありません。
 自炊歴10年です、という単身者の人は、まあ料理はできるのかもしれませんが、プロの調理師の2年目ぐらいの技量だと思います。

 当然ながら、時間さえかければ、料理が上手になる、とも言い切れません。
 作る人がいて、食べてくれる人がいて「美味しい」と言ってもらえると、頑張ろうという気にもなって向上心も芽生えたりもします。

 才能については、いっさい関係ない、というつもりはありませんが、もし料理の才能があったとしても、料理未経験者なら、その道数十年のベテランに勝つことは不可能です。
 才能の割合はきわめて小さいと思います。

 センスなども同様です。
 料理の才能やセンスは、経験に勝るものではありません。

 経験>>>才能≒センス だと思います。
 もし経験が同じぐらいの料理人がいて、優劣をつけるなら、そこはやはりセンスや才能が関わってくると思いますが。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-料理や調理についての話題

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.