まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Huluで「リベンジ」(シーズン1)を視聴中

投稿日:2015年1月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

※ネタバレあります。

 海外ドラマの「リベンジ」を視聴してみました。
 シーズン1の終わりのほうまで視聴済みです。
 どんな物語か? 題名の通り、テーマは復讐です。
 ある男が無実の罪で投獄された。
 男には娘がいた。
 その娘が復讐を行う、というストーリー。
 第1話は、婚約パーティの場面からスタートします。
 そこで、新郎(予定)のダニエルが殺される。
 ……というのは見せかけで、殺されたのはダニエルの友人のほうですが、第1話ではそれは曖昧に描写されます。
 物語は、そこから5ヶ月遡ります。
 復讐を果たそうとするのは、アマンダ・クラーク(エミリー・ヴァンキャンプ)という女性。
 エミリー・ソーンという別の女性になりすまして、父の敵であるコンラッド家に近づきます。
 序盤の復讐の相手は、コンラッド家の周辺の人物です。
 父の友人だったIT長者ノーラン・ロス(ガブリエル・マン)の助けを借りたりしつつ、復讐を果たしていきます。
「リベンジ」は1話完結ではなく「24」や「ブレイキングバッド」と同じような続き物です。

 真田広之が主人公アマンダの師匠役で出演しているのは良かったです。
 第1話の冒頭の場面に関わっています。
 アンタが犯人? とちょっと拍子抜けでしたが。

 私的な感想ですが、アマンダの復讐の動機が弱い。
 まだシーズン1だからそこら辺が固まっていない可能性はありますけど。
 ただ、最近の海外ドラマは最初が面白くて、回を重ねると劣化していく傾向にあります。
「アンダーザドーム」がそうでした。
 シーズン1の最初は非常に良かったのに、変な卵が出てきた時から、3流SFのような流れになってしまって。

 リベンジに話を戻すと、シーズン1の最後のほうまで(最後までは観ていない)視聴しましたが、ちょっと複雑すぎるかなと思いました。
 登場人物が多すぎ。
 しかも、それぞれが独自の考えや世界観をもっていて、混乱に拍車を掛けています。
 とはいっても敵役にもしっかりとした世界観がある。
 リベンジの面白さのひとつはこの点にあるとは思います。
 様々な正義が存在する、という感じ。
 なんだかんだいって見続けているので面白いのは確かですが、先が気になって仕方がない、というほどではありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.