まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

映画「イングロリアス・バスターズ」を視聴

投稿日:2014年12月31日 更新日:

LINEで送る
Pocket

タランティーノの戦争映画

 クエンティン・タランティーノは好きなので「イングロリアス・バスターズ」のHulu配信は楽しみにしていたのですが……。
 3分の1ぐらい観て気づきました。
 これ、観たことある!
 いまさらナチスかよ……と思いながら観てて、けど待てよ、タランティーノってむかし、オムニバス系の戦争映画を監督してたよな。
 なるほど、そのときの派生作品なわけだ。
 ……などと思いながら観ておりまして、映画館のオーナーのショシャナと、ドイツ人狙撃兵の出会いの場面のところで、視聴済みであることを思い出しました。
 やばい。
 5年ぐらい前に観た映画をすっかり忘れていたなんて。
 たぶんレンタルで観たのかな。
 それも記憶にありません。

イングロリアスバスターズのお勧め度

「イングロリアス・バスターズ」は世間の評価的には「面白い」というものが多いですが、自分はいまいち楽しめませんでした。
 観たことあるのをすっかりと忘れていた、ということからもそれはご理解いただけるのではないかと。
 駄作とまではいかないけど、傑作にはほど遠く、キャスティング的には大作といえるのですが、時間を忘れるほど熱中した、というほどではありませんでした。
 筋運びや細部のつくり、そして場面の緊張感や台詞の掛け合いとか、はたまた挿入される音楽などは、とてもよくできているとは思います。
 タランティーノらしい。

 個人的に、ナチスをテーマにしているところに違和感がありました。
 ナチス狩りをするのなら、その前にナチスの残虐非道ぶりを描かないとカタルシスの呼び起こしようがないと思います。
 ヒトラーも漫画的過ぎる。
 ナチスが好きというわけではないですが、なんだか旧友が悪くいわれているような居心地の悪さを感じたというか。

 欧米ではまた違った評価なのでしょう。

良くも悪くもタランティーノらしいといえばそう

 もし、この映画の監督がタランティーノではなかったら、これほどヒットしなかったでしょう。
 とはいっても、タランティーノだからこそ撮り得た映画、というのも間違いはないのですけど。
 タランティーノが好きなら、楽しめる作品だとは思います。
 自分は、期待が大きすぎた分、ちょっとがっかりしてしまったかな、というのが正直な感想です。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.