まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

中二心をくすぐるクライムストーリー「ブラックラグーン」

投稿日:

LINEで送る
Pocket

バラライカ

ブラックラグーンってどんな話?

 ブラックラグーンはひとことでいうならクライムアクションストーリー。
 銃器などが好きな人なら楽しめるでしょう。
 話は荒唐無稽だけど、それもブラックラグーンの魅力のひとつたと思います

「ブラックラグーン」は、運び屋の組織の乗る魚雷艇の名前です。組織の名前はラグーン商会。
 そこに岡島緑郎という日本人サラリーマンが加わるところから(最初は誘拐という形で)物語がスタートします。
 名前が緑郎なので通称ロック。


 原作は広江礼威さんのコミックです。
 アニメ化もされています。
 2017年10月現在、Amazonプライムに対応しています。プライム会員なら無料で視聴OK。

ブラックラグーンの面白いところ

 キャラがいい。
 場所(ロアナプラ)がいい。
 これに尽きるのではないでしょうか。

 語られるエピソードは、結構どれも破天荒で、いやそれはあり得ないだろ……とツッコミを入れたくなる。しかし、ついつい見てしまいます。

 アニメ版について、これは好みによるのかもしれませんが――声優さんの演技が素晴らしい。
 くさい台詞ばかりが出てきて、そこが嫌い、という人もいるようですが、声に力んでいるところがなく、自然な演技というか。
 自然とはまたちょっと違うかも。
 なんというか……演技と自然の中間、ちょうどよいところに収まっている感じがして好きです。

 ブラックラグーンは、くさい台詞満載だけど、声優さんの演技力が高いせいなのか、鼻につかない。
 たとえば、アニメ版の寄生獣とかベルセルク(2017年の新しいほう)は、声が格好つけすぎというか、過剰な演技に思えてしまって……
 寄生獣とかベルセルク(2017年版)のアニメ版は、自分は見る気が失せました。
 ガッツの声がなんであんなに低いんだろう。声優さんの問題ではなく、監督の指導かもしれないけど。
 ベルセルクは、最初のアニメ、剣風伝奇の声は自然で良かった。
 劇場版ベルセルクのガッツの声も低いけど、それほど気になりませんでした。

 これは監督の違いなのか、声優の違いなのか、その世界に詳しいわけではないから分かりません。
 ま、好みの問題といえばそれまでですが。

 声に関しては、アニメ版ブラックラグーンは、完璧です。

 ある人にそのことを話したところ、新しいアニメは、新人の声優を使って経費を抑えているのかも……ということでした。実際のところは不明です。
 確かに、ブラックラグーンの声優さんは、どこかで聞いた覚えのある声ばかりで、ベテラン揃いのようです。

 バラライカの声(小山茉美さん)がアラレちゃんと一緒って……驚きでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.