まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

映画「凶悪」の感想

投稿日:2017年5月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

映画「凶悪」は事実を元にしたフィクション

 体調不良のため、在宅ワークはお休み。
 時間的に寝るのも早いし、やることがないので映画を観ました。
「凶悪」
 主演は、山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー。

 上申書殺人事件という、事実を元にした映画です。
 残酷なシーンは多めだけど、総じて面白かった。

 気になった点はいくつかあります。映画にありがちな、いかにもな「映画」といえばいいでしょうか。
 山田孝之さんが食ってかかる場面があるけど、もちろん演出のためとは分かっているけど、アレをリアルにやってしまうと、上手くいく話も上手く進まないでしょう。
 子どもっぽい。高校生とか大学生っぽい。
 物事にけんか腰で対処するのはバカのやることです。

 もし自分の思い通りに行かなかったら、アプローチを変えるべきです。
 自分の力で物事を変えられるなんて考えるのはうぬぼれも甚だしい。
 フィクションにはありがちといえばそうで、どうもそういう場面に当たると、興ざめしてしまいます。
 家庭をないがしろにして、上司のいうことも聞かず、自分のやりたいことをやる……というのは、端から見たらトラブルメイカーです。主人公に魅力があるとは思えませんでした。

 山田孝之さんの演技が云々という問題ではなく、脚本や演出の問題だと思います。

 途中、取材の過程で公務執行妨害で拘束されますが、演技は大げさだし、予定調和みたいな感じだし白けました。
 繰り返しますが、 山田孝之さんの問題ではなく、脚本や演出、監督のせいだと思います。

 ふと海外ドラマ「ブレイキングバッド」のウォルターが公務執行妨害で逮捕された場面を思い出しました。
「ブレイキングバッド」という海外ドラマ、自分は言われているほど最高の海外ドラマとは思わないけど、面白いのは間違いないです。
 ウォルター、そのときは思いっきり反抗して、その結果、否応なく拘束されます。

 場面が変わって釈放されるときなんてものすごく落ち込んでいて、あの変わり身はみていて面白いしリアルでした。
「極悪」にはそういうリアルさはないです。
 
 あと記者という職業の人、身近にはいませんが、記者の人と話したことはあってそのとき「記者は、他人と仲良くなるスキルが重要」と言っていました。
「凶悪」の山田孝之さんは、そういう意味では記者らしくない記者と思えました。
 やはりここも脚本や監督が……

 記者の考え方は、週刊誌や新聞とかで変わってくるのかもしれません。
 もしくはそこは虚構だからということで有耶無耶にされているのかもしれません。
 もちろん、記者の全てが「他人と仲良くなるスキル」を重要視しているわけではないでしょう。
 中には無愛想な記者もいるでしょう。

 ピエール瀧さんやリリー・フランキーさんの演技は素晴らしかった。
 実際こうだったのかも、と思わせるに十分な迫力がありました。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.