まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「リベンジ」(S1)第1話「幕開け」の感想

投稿日:2015年1月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

「リベンジ」シーズン1 第1話「幕開け」

 主人公アマンダ・クラーク(エミリー・ソーン)の独白からスタートします。
 夜の浜辺に銃声が響いて、男が倒れます。
 浜辺の近くては、パーティーが開かれています。
 銃弾に倒れたのは、主人公エミリーの婚約者ダニエル。どうやらダニエルを殺したのは、エミリーらしい……。
 ダニエルの母ビクトリアが狂乱する場面で、いったんフェードアウトします。

 そして話は5ヶ月前、エミリーがハンプトンに越してきたところまで遡ります。
 そこでも回想場面が挿入されて、エミリーが幼少の頃に住んでいた家だと分かります。
 と、このように、時系列が結構飛び飛びで、初見では分かりづらいでしょう。
 また、登場人物もたくさん出てくるので、名前と顔を覚えるのに苦労します。
 IT界の寵児ノーラン・ロスは、エミリーの協力者として描かれます。
 嫌われ者ですが、あくまで役柄だけの話です。
 ジャック・ポーターはエミリーの幼なじみです。
 犬のサミーはエミリーを覚えているけど、ジャックは忘れている模様。
 ジャックは2枚目です。
 ビクトリアの長男ダニエルは3枚目で、いかにも軽そうな感じ。

 エミリーの復讐の相手は、ハンプトンの女王ビクトリアのようです。

 エミリーは1話ごとに、復讐を成し遂げていきます。
 第1話の復讐の相手は、ビクトリアの夫の会社に勤めるリディアという女性秘書。

 ちょっと都合が良すぎる展開ですが、ドラマなので目を瞑ることにしましょう。
 お金持ちの中年女性ビクトリアが、エミリーの復讐によって転落するのだろうな、と思わせる展開です。

 1話は、時系列が前後して分かりづらいです。
 ある程度シリーズを視聴したあと見返すとすんなりと頭に入ってきます。

 海外ドラマ「リベンジ」に関連するエントリーは以下をご覧ください。
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第1話「幕開け」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第2話「崩壊」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第3話「密告」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第4話「告白」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第5話「悔恨」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第6話「誤算」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第7話「虚偽」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第8話「記憶」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第9話「秘密」の感想
海外ドラマ「リベンジ」(S1)第10話「阻害」の感想
※記事はシーズン1の10話までしかありません。いずれ続きをアップするかもしれませんが未定です。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.