まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「デクスター」シーズン6の感想

投稿日:2017年6月28日 更新日:

LINEで送る
Pocket

「デクスター」シーズン6の感想

「デクスター」シーズン6を視聴しました。

 シーズン6は、神というか信仰というかキリスト教が根底のあるお話です。
 一般的な日本人にはあまり馴染みがないかな。
 宗教の話はどうも胡散臭く感じてしまう。
 福沢諭吉が宗教嫌いだったそうで、恐らく明治以降の日本文化に強い影響を与えているみたいですが、自分もその作用を受けているのでしょう。
 中世において織田信長が政教分離を行った点も関係していると思います。

 宗教の話はわきに置くとして――
 シーズン6では、なんとデボラが警部補に昇進!
 いやいや、それはないだろ……。
 デボラ、基本的に好きなキャラだけど、シーズン6のデボラは嫌いです。

 エンジェルが警部補になるべき。
 どう考えてもあれはおかしい。

 結局のところデボラは署内の勢力争いに巻き込まれてしまった感じではありますが……。
 ラゲルタもこのシーズンは、嫌なヤツです(このシーズンに限らないか)。

 デボラ繋がりでは、クインは可哀想だと感じました。
 よくある話といえばそうなんですが。
 一方が遊び。一方は本気。
 アメリカだと分からないけど、日本だと、通常逆が多いと思います。
 男が遊びで女が本気。
 女性は子どもを産める期間が決まっているので、自然とそうなるのかも。

 警部補になるから、クインを捨てたみたいにみえる。実際は違うけど。

 シーズンを通しての敵(ゲラー)は印象が薄い。
 しかし最後まで観るとどんでん返しがあります。

 ラストは、いつかこうなると思っていた危惧が現実になってしまった……。
 シーズン7のラストも結構衝撃ではありますが。ラゲルタとデボラ。

 他シーズンについては以下をご覧下さい。
海外ドラマ「デクスター」(シーズン1)の感想
海外ドラマ「デクスター」シーズン2の感想
海外ドラマ「デクスター」シーズン3の感想
海外ドラマ「デクスター」シーズン4の感想
海外ドラマ「デクスター」シーズン5の感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ