まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

無職生活

職業訓練中に受けた就職面接

投稿日:2017年1月11日 更新日:

LINEで送る
Pocket

履歴書

とある企業の面接を受けた話

 飲食店で働いていましたがその飲食店が閉店する状況になり失業者となりました。
 調理師なので、別の飲食店で働く……というのが筋なのだけど、もう調理の仕事は飽きたので、かねてから興味のあった職業訓練で専門学校に通うことにしました。
職業訓練の受講が決定
職業訓練の専門学校のファーストインプレッション
求職者支援訓練の専門学校の1日

 専門学校に通った期間は、秋口から春先まで、およそ半年間でした。
 とても充実した半年間でした。
 職業訓練中は、給付金を毎月10万円(プラス交通費)いただいていました。

 職業訓練の感想などについては以下の記事をご覧ください。
職業訓練の専門学校の感想 その1
職業訓練の専門学校の感想 その2
職業訓練の専門学校の感想 その3
職業訓練の評価シートをもらう

 専門学校の在学中に、企業が就職のための説明会を開いてくれました。
 週に2~3回ぐらい。

 1社だけ、スキルテストがありました。
 種目は、Webとデザインで、それぞれ30分ずつ。
 Webは、とあるサイトのトップページを作る。
 デザインは、Web用のバナーを作成。

 そのスキルテストに合格したので、面接をしたいという連絡が来ました。
 面接については以下の記事を参照ください。
とあるweb制作会社の面接で言われたこと

 もう時間も経っているし、当時は書けなかったことを書こうかなと。
 求職者支援訓練を受けている人は多いと思うので、この記事が参考になれば幸いです。

 まず最初に、負け惜しみ、言い訳にも聞こえると思いますが、自分と企業側に、認識のズレがありました。
 これは大きな問題です。

 その企業は、学校側とパイプがあります。
 卒業生が何人もその企業に就職しています。

 自分が面接に臨んで考えたのは「普通の面接とは違うだろう。この面接は、こちらの意思を確認するためのものに違いない。こちらが就職する意思さえ持っていれば、少なくとも1次面接は合格するはず」

 面接はちなみに3次まであります。

 補足として、給与の面では、最低クラスでした。
 待遇は契約社員で、月曜日から金曜日までフルタイムで、13万円。
 残業代が含めると、16~17ぐらい。
 有給は、法律の規定通りとれるし、残業代もしっかりと支払われる。けれどもその代わり基本給は低いみたいでした。

意外だった面接の質問

 職業訓練の授業に企業の面接対策などもあって、あらかじめ質問などは想定していました。
 ざっと思いつくのを書いてみます。
●志望動機
●会社にとってあなたはどんな貢献ができるか
●あなたの長所や短所は?
●会社が今後どのような戦略を用いれば飛躍出来ると思うか
●将来の展望について教えてください
●業界の将来性についてどのように考えているか
 等々。

 正直にいうと、上記の質問の意味が分からないです。
 全部取っ払えば「働く意思があるのかどうか」が一番重要なのではないかと思います。
 なので、都市伝説じゃないけど、授業で予習したような質問はまず来ないだろうとタカをくくっていました。
 とはいっても、自己紹介や志望動機ぐらいは準備するべきだろうとは考えていました。

 いざ面接が始まると、授業で予習した質問ばかりで、少し面食らいました。
 だって、テンプレートの質問にテンプレートの答だと、面接の意味ってほとんどありません。
 あと思ったのは、面接を受けるほうは色々とシミュレーションするけど、面接をするほうも同じなんだな……ということ。

 1次面接を通れなかったけど、その理由は2点あると思います。
 一つは、Web制作の会社でしたが、自分の志望は広告デザインで、Web制作ではなかったので、業種のズレ(熱意が感じられないと言われました)。
 もう一つは、面接官の質問で「うちの会社が今後どのようにすれば飛躍出来ると思いますか?」という質問に答えられなかったから。

 一つ目の熱意については、元々その会社で働きたいと思ったわけではなく、スキルテストに合格したから面接も受けてみるか、というぐらいの考えだったので、熱意は正直、乏しかったです。
 それが面接で露呈したに過ぎません。

 二つ目の質問「会社が今後どのようにすれば飛躍出来る?」という質問は、想定問題としてあったけど、こんな質問はされるはずがないと思って、準備していませんでした。
 テンプレートの答があるのかどうか分かりませんが、あとで色々と考えて自分なりの答は出しました。
 その答は「会社としては、様々な事業(ネット関連)に手を伸ばすべきです。各種ECサイト、ポータルサイトなどを立ち上げて、運営していく。期間を決めて、成功と失敗を判断し、失敗した事業については切り捨てて、成功の芽が出た事業のみに注力していくべきだと考えます」
 ――なんてスラスラと言えたら1次面接は合格していたかもしれません。

 ちなみに、専門学校のクラスにはおよそ20名いて、スキルテストの合格者は6名でした。
 その6名のうち、その会社に就職したのは1名でした。
 スキルテストに合格しても、給与か低いので面接を辞退した人もいました。

 他の面接については、以下のエントリーをご覧ください。
とある新しい会社の面接を受けたときの話

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-無職生活

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ