まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

日記(雑記)

ある日のAOCゲーム対戦日記。AOFEのチーム戦(3v3)

投稿日:2016年11月20日 更新日:

LINEで送る
Pocket

AOC、AOFEのチーム戦

 エイジオブエンパイア、AOE……ではなくAOK……エイジオブキングの拡張版AOCの……
 と、説明から始めるとえらく長くなるので割愛します。
 知らない人は興味もないだろうし、知っている人は釈迦に説法でしょう。
エイジオブエンパイア2

 AOFE、バージョン2.2で3v3のチーム戦を行いました。
 AOC系のとあるゲームサークルに所属していますが、対人戦のゲームが立つのは、数ヶ月に1度ぐらい。
 4v4(8人戦)に至っては、半年に1回立つか立たないか程度。
 2013年ぐらいは、毎日8人戦が立っていたのが信じられない過疎ぶり。
 普段はバーバリアン(AI)相手のプレイが多いです。

「たまひよ」とかであれば毎日8人戦はあるのかもしれません。
 AOCがしたいなら「たまひよ」がお勧め。
 自身のレベルにあったゲームができます。
初心者AOCちゃんねる #たまひよ

 ゲームって基本的には人間が勝てるようにできていて、それはシングルプレイの場合です。
 対人戦となると、相手がいるので、常に勝てるとは限らない。
 試合数が増えるほど大数の法則、つまり勝率は5割に落ち着いていく。

 強い人は常に勝つように思えるけど、レベルにあったゲームをしていると、やはり勝率は5割に近づいていくようです。
 たまひよのこっこ級(1人前のプレーヤーという意味)の上位プレーヤーの勝率は大体5割ですね。

AOFEの概要

 
 なんだかんだと前置きが長くなりましたが、AOFEのチーム戦3v3の模様をお伝えしたいと思います。
 プレイ人数は6人で、二手に分かれて戦います。

 ゲームの概要ですが、町の人(農民)を使って資源を集め、時代を進化させ、兵隊を作り、敵と戦うゲームです。
 ジャンルはリアルタイムストラテジー。

 AOC(AOFEも同様)のチーム戦には前衛と後衛という概念があります。
 前衛は敵の前衛と戦う。
 後衛の場合は、味方前衛の支援、もしくは敵の後衛と戦います。
 前衛か後衛は選ぶことができず、ランダム配置になります。
 自分は後衛でした。
 4v4の後衛は、やることがだいたい決まっているので楽なんですが、3v3の後衛は状況を見ないといけないので結構忙しいし難しいです。

aoc(aofe)の初期中心
 文明は選ぶこともできますが、ランダム(いわゆるランダマー)を選択しました。
 引いた文明はスラブ。
 微妙な文明……。
 ちなみにAOCで好きな文明は、ペルシア、モンゴル、フン、日本、フランクなど。基本的に馬文明が好きです。
 南米系(アステカ、マヤ、インカ)はあまり得意ではないですね。

 ゲーム開始直後は周辺は真っ暗なので、初期斥候と羊などを使って開拓しつつ農民を生産します。

 戦術は、後衛だから普通に即騎士で。
 前衛だと、かつては槍散兵が主流だったけど、いまは弓です。
 分かる人には分かる話なので以下割愛。

敵斥候の襲撃を受ける農民
 16分過ぎ、敵の斥候が現れて農民が殴られます。
 農民を待避させます。けど1人ロスト。

 襲撃はよくあることです。金場は守りを固めていたので被害はなし。
建物でガードする
 敵斥候に木こり場に来られたら嫌なので建物でガードします。
 資源バランスが壊れたので、騎士の量が減る……。

AOCの前線風景
 AOCは視界という概念があります。
 基本的には自分のユニットがいる場所しか見えません。
 交易所で地図を研究すると、同じチームの視点が共有できます。
 後衛なら地図は早めに研究したいですね。
 ちなみにAOFEになって地図研究は資源無料となりました。交易所を建てて地図研究ボタンを押せば一発で視界の共有が可能。
 見たところ、右側の味方前衛と敵前衛が結構激しくやり合っている模様です。

城主時代の騎士は最強
 騎士を送ります。
 ちなみに右側の塔が敵ですね。
 左側が味方の塔。

敵後衛の騎士と戦う
 塔を壊すことに成功したけど、敵の後衛の騎士が応援にやってきました。
 馬同士で戦います。
 前線の場所が遠くて若干こちらが不利で、しかも斥候で荒らされたせいであまり馬が出ず、何度か馬負けしましたが、味方前衛の弓に助けられました。

07aoc-%e5%bc%93%e3%81%a8%e9%a8%8e%e5%a3%ab
 味方前衛は城主の時代に進化し、弓は石弓にアップグレード。
 いい感じです。
 騎士と石弓はお互いの弱点をカバーし合うので強いです。
 チーム戦の醍醐味は馬と弓(に限らないけど)の連携でしょう。

騎士弓、投石で敵中心を割る
 馬の鎧の二段目を入れて血統や繁殖も入れたので敵の中心を割に行くも、敵後衛の馬が救援に来て失敗、1度引いたけど、味方前衛が投石を出してきたので、再度敵中心を割にいきます。
 騎士、弓、投石で、もう決まりでしょうね……。

中止が割れる
 中心が割れました。

初期中心に対する攻撃
 初期中心に攻撃を仕掛けます。

 敵兵の姿もなく、騎士と投石と弓を阻むものはいません。
 もうこちら側は勝ちが決まったようなものです。
 逆サイドは、時々見てましたが、味方前衛は槍散兵、敵前衛は弓で、ほぼ拮抗した戦いでした。

 右側の味方前衛が勝利したので、そのまま敵後衛を攻めて、ゲームは味方の勝利で終わりました。
 チームのバランスが若干良くなかったので勝てるとは思っていませんでした。
 まあ、AOCのチーム戦は、勝ったり負けたりするから面白いです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ