まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

「ホームランド」シーズン4の感想

投稿日:2016年10月20日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ホームランドのキャリー

「ホームランド」のシーズン4を観た感想

「ホームランド」シーズン4、全12話、全て視聴しました。
 最終話を除いて、面白かった。
 自分の中で「ホームランド」のシーズンの評価は、1と2は面白い、3はそれに比べたら少し落ちる、というもの。
 これは人によって変わると思います。
 シーズン4は、3よりも面白いと感じました。

 けど、絶賛はできないですね。
 最終話は、意味が通ってないというか、あの筋書きでよく制作したな……と思います。
 個人的な好みの問題になるけど、登場キャラの親とか親戚とかに、興味がありません。
 登場キャラ同士の恋愛も同じく、どうでもいい。

 いくつかおかしいと感じた点があります。
 別に「ホームランド」に限った話じゃないけど。

 まず、序盤の重要なキャラであるアーヤン。
 このキャラには好感が持てませんでした。
 キャリーと、男女の仲になるので嫉妬している? つもりはないですが、とにかく嫌い。
 それはなぜか? と考えたんですが、たぶん……表情が暗いからそう思うんじゃないかなと。
 役柄のせいですね。
 アーヤンは終始不機嫌な顔つき、もしくは悲しげな顔つきが多い。
 あれが、子ども特有の、世の中に対する、意味のない反抗心みたいに見えます。

 アーヤンが楽しそうにしている表情が多かったら、こうは思わなかったかも。
 物語の本質には関係ない話です。

 別に嫉妬しているつもりはないけど、嫉妬しているのかもしれませんねえ……。
 クインがその件に関して、キャリーに食ってかかる場面は、うーん、嫉妬しているのかな……。
 クインとキャリーの関係なんて正直、どうでもいいです。
 あの2人がくっつけば最高! なんて思いながら見ている人も中にはいるでしょうけど。
 クインに関しては、管理人のふくよかな女性は可哀想だと思います。

 6話の途中までは、上記の件、アーヤンや、キャリーとクインが恋愛が云々とかいう話が多かったので、面白いとは感じませんでした。
「ホームランド」もここまで落ちたのか、と内心ほぞを噛む思いでした。

 というか、キャリーが支局長になるのは変と思います。
 支局長の下で、それなりの権限を持ちながら活動するのがいいような……。
 そもそも精神病を抱えているのに支局長になんてなれるわけがない。
 作戦担当官は文官だと思ってたけど、工作員でもあるのかな……そこらへんが曖昧というか、まあフィクションだからね、と言われたらそれまでですけど。
 細かな点だけど、キャリーが車を運転して誰かの家に行く場面があったんですが、頭から駐車場に突っ込んでいます。
 ソールよ、何を教えたんだ。駐車するときはケツからだろ! ……内心、そう思いました。

 ソールは元CIA長官ですが、外国で単独行動をしているのも危機意識が低すぎ。
 護衛がつくはずです。
 もし拉致されたら、交渉の材料にされてしまうのは明白だから。

 後半部分ですが、大使館を警備している海兵隊が陽動に簡単に引っかかるのはおかしい。
 警備責任者は軍法会議ものですがそれについては全く描かれない。

 色々書きましたが「ホームランド」は大好きな海外ドラマです。
 だからこそ粗も目立ちのかもしれません。
 ここがこうだったらもっと良いのに……みたいな。

 あとやはり、完璧なものというのは存在しないわけで。
 加えて、苦情を言うのは簡単、ということだと思います。

ホームランドS4は、6話からが本番

 6話に話を戻しますが、その6話の途中で、シーズンを通しての敵であるハッカニが出てきます。
 無人機によって攻撃できるチャンス。
 アーヤンも一緒にいるので、攻撃すれば彼も死ぬことになります。
 内心、攻撃はしないのだろうと思いました。
 それは、まだ6話だから。
 ハッカニの命をとるのが目的なわけです。
 あっさり殺してしまうと、物語の帰結がみえなくなる。
 で、攻撃しない理由は何か。
 キャリーがアーヤンのことを実は好きになっていた、なんていう展開は、言葉は悪いけど、胸くそ悪いです。
 そんなチンケな展開だったら、ここで観るのをやめていたでしょう。

 攻撃する直前にクインが作戦室にやってきて、そこでキャリーは「ここは山場だから」と説明しますが、次の瞬間、あー、そうきたか……してやられた。
 もうね。おじいちゃんなにしてんの? と言いたくなりました。
 まあ、この瞬間から面白くなりました(笑)

 あの場面は素晴らしい交差だったと思います。
 秀逸なシーズンの中間地点でした。
 7話からは、息もつかせぬ展開です。
 11話まではとても楽しめました。

 最後(12話)は、繰り返しになりますが、意味不明なところが多かった。
 中盤がとても面白かったから、その分の落差がひどい。
 画竜点睛を欠く、といってもいいでしょう。



 色々な不満な点はあるけど、それでも「ホームランド」は面白いと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.