まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

エッセイ

心霊現象とか祟りとか、不思議なことの話

投稿日:2016年11月29日 更新日:

LINEで送る
Pocket

冥想

祟りは実際のあるのか

 心霊現象とか祟りとか、不思議なこととか、基本的には信じないです。
 けど、それらを否定するつもりはありません。
 信じる人は信じればいいと思います。

 不思議と思われる現象のほとんどは、脳の錯覚だと思います。
 動物の祟りとか 厄年とか 守護霊もそう、人間が考え出したもの、シャーマンなども、幻覚や思い込みのたぐいでしょう。
 虫の報せも同じだと思います 
 たとえば虫の報せ的な胸騒ぎを10回感じたとする。
 そのうちたまたま1回が当たった。
 何も起こらなかった9回は忘れます。
 そして、偶然に当たった1回が記憶に残る。
 だから虫の報せは本当にあるのだ、と思い込むのでしょう。 

 雨乞いと似ているかもしれません。
 雨が降らないなら雨乞いをすればいい。
 そのうち雨は降る。
 雨乞いは効果があるんだ、ということになります。

 不思議なことを思いっきり信じている人もいます。
 それはその人の経験とか、考え方とかに関係するから、無下に否定はできません。
 その人にとっては本当なのだからそれを否定するのは失礼な話です。
 とは言っても、やはり心の底では(それは錯覚だよな……)と思います。

 以前働いていた飲食店にキッチンチーフがいたんですが、そのキッチンチーフが若い頃働いていた飲食店のオーナーが、心霊関係に強い人? だったようで、突然、窓を全開にして空気を入れ換えるとか、いきなり何もないところに塩を撒き始めるとか、奇っ怪な行動が目立ったそうです。

 ま、いいんじゃないですかね。
 頭オカシイ? そうかもしれませんが分かりません。

しかし不思議なことはやっぱりある

 しかしながら、実際に不思議な現象が起こるの確かです。
 ま、ほとんどは錯覚、偶然のたぐいなのでしょうけど……。

 ある夜、夢をみました。
 スーツの襟がめくれている場面が記憶に残りました。
 翌朝、箪笥の戸にひっかけてあるスーツを裏返したところ、襟がめくれていました。

 確かに不思議です。

 正面からスーツを見ても、違和感は全くないのに。
 夢でお告げがあった、ということですよね。
 こういうことは確かにあります。

 けど、突き詰めれば偶然だろうと思います。
 スーツの襟がめくれていた夢を見た。
 実際にスーツを確かめてみた。
 襟がめくれていなかった。
 あの夢に意味はなかったんだ。
 だったら記憶に残しておく必要もない。
 逆に、正夢のようになったらこうやって記憶に残るわけで。
 そういうことの繰り返しが積もり積もって「不思議なことって実際にある」と思い込んでしまうのでしょう。

 たとえば、珍しい事象が何度も起こった場合、そんな偶然が頻繁に起こるはずがない――と思いがちですが、これも思い込みのようです。
 コインを投げて裏や表がでる確率はおよそ5割ですが、表が続けて10回出ることだってあり得るので(いわゆるギャンブラー錯誤)。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-エッセイ

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.