まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

日記(雑記)

飼い猫が病気になった場合、どこまで治療するべきか

更新日:

LINEで送る
Pocket

「猫」ミーの若い頃
 元気な頃の猫ちゃん。

猫と動物病院

 突然、飼っている猫が苦しみ始めました。
 歩けなくて、壁にぶつかったりして、尋常ではない様子です。
ペットの猫ちゃんの体調が悪かったので病院に連れて行きました 

 亡くなった猫ですが元々、捨てられていた猫です。
 そのときは動物は何も飼っていなかったから1匹ぐらいならどうにかなるかなと思って世話を始めました。
 結局のところ、猫は14年も生きました。

 薬の誤飲か、何かの中毒だと思っていましたが、多分、病気でしょう。
 もしくは、薬の誤飲などが引き金になって、内臓が弱ってしまったか。

 動物病院に連れて行きましたが、点滴と注射を打ってもらっただけです。
 CTスキャン、MRIなどで調べることもできましたが、それは選択しませんでした。

 積極的な治療をしなかった点について、理由をあげればきりがありません。
 そのほとんどは自己正当化に繋がります。
 で、考えてみました。
 もし、治療する、という選択をした場合も、同じく自己正当化に繋がるのではと。

 動物は、言葉を喋ることができないし、治療についても理解しないでしょう。
 意思決定ができないわけです。
 治療が大きなストレスになる可能性もあると思います。
 14歳という年齢も考慮すると、無理に治療しないのがベストだろうと結論づけました。
 もしまだ2歳とか若いのであれば、少々治療費が高額になっても治療したかもしれません。
 飼い主の責任だと思うので。
 とは言っても、経済的な問題があるなら、運命と思って諦めてもいいんじゃないでしょうか。
 所詮猫ですから……。

 治療するかしないかは、答はないと思います。
 猫が病気になって、どこまで治療するかも、やはり答はないと思います。

 もし、苦しみがあるようなら、それを取り除く努力は必要だとは思いますが。

 病院から帰ってきたときは、まだ歩くことは可能でした。
 けど、食べ物はいっさい口にしません。
 水を飲ませようとしても嫌がります。
 猫は暑さに強く、水分も人間ほど必要ないでしょうけど、いっさい飲みません。
 無理に飲ませようとしたら吐きました。

 このまま水も飲まないようなら、もう一度病院に連れて行って、点滴でもしてもらおうか――なんて考えたけど、いや待てよ、それは猫にとって良いことなのか? と考えてみると、自然に任せるのがいいのかも、と思い直しました。
 水を飲みたくないなら、無理に飲ませる必要はない。

 もし、点滴をすれば、数日間、命が延びるでしょう。
 けど、猫にとっては、拷問に等しいのかもしれない。
 水も飲まない状態になったら終わりだと思います。

 病院から帰ってきて2日目ぐらいからは、幸いというべきか、苦しんでいるようには見えませんでした。
 ただ横になって、静かに息をしているだけです。

 病院に連れて行った日の4日後に亡くなりました。
飼っていた猫が亡くなる

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.