まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

通勤バイク(アドレスV125)関連

原付二種スクーター(アドレスV125)の加速についての話

投稿日:2014年12月2日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ステッカーを貼ったアドレスV125

アドレスV125の速さはどのぐらい?

 速いといわれているアドレスV125ですが、それは125㏄のクラスで、ということです。
 原付二種のくくりでなら、ノーマルで国産車という条件をつけて、アドレスV125は加速、最高速は上位に位置するでしょう。

 かつてはトップでしたが、排ガス規制で馬力ダウンとなり(なのに価格はアップ)、ホンダのPCXなど新しいラインナップの充実によって、相対的にアドレスV125の優位性は崩れました。

アドレスV125の加速性能は軽自動車並

 アドレスV125の加速力ですが、きいてびっくりです。
 ノーマル(NA)の軽自動車と同じ。
 軽自動車がアクセルをベタ踏みと同程度の加速力です。
 プリウスって遅いイメージがありますが、本気になったプリウスとシグナルレースするとアドレスV125は勝てないです。
 アドレスV125は加速で4輪を引き離せる、というイメージがあるんですが、それは4輪がアクセルを踏んでないから、です。
 4輪で、信号のたびにアクセルを奥まで踏み込む、というのはまずないんですけどね。
 2輪と4輪のエンジン特性の違い、というのもあります。
 2輪は高回転型ですし。
 ちなみにアドレスV125の最高速ですが、ネットの情報を総合すると100㎞/h前後ぐらいのようです。

アドレスV125はシティコミューター

 アドレスV125は、速さを求めるバイクではないと思います。
 あくまでシティコミューターとしての利便性をみるべきでしょう。
 小柄で頑丈な車体で、車の流れに楽にのることができて、二段階右折は必要なく、30キロの速度制限もなく、かつ、いざとなれば2人乗りも可能――というバイクで、おまけにクラスの中では速さはトップクラス、とくれば、ベストセラーになるのも頷けます。
 かつては価格も安かったんですけど、自分のアドレスV125は2007年購入のK7ですが、20万円を切りました。
 いまは、ニューモデルになって(アドレスV125S)価格も25万円ほどのようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-通勤バイク(アドレスV125)関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.