まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

自作パソコンのCPUクーラーについて

   

LINEで送る
Pocket

パソコンとペンタブレット

パソコンのCPUクーラーとは

 パソコンのCPUクーラーは、CPUの冷却装置のことです。
 たいていのものはヒートシンクと、ファンがセットになっています。
 CPUは発熱するので、その熱はヒートシンクに伝わって、ファンで放熱される作りです。
 もし、CPUクーラーが壊れたりして動かないとどうなるか。
 CPUにもよりますが、熱が上がると、安全装置が働いて動作を停止します。
 PCは強制終了になります。

 なのでCPUクーラーは結構重要なパーツともいえます。
 パソコンを自作する人って、CPUクーラーにもこだわりがあったりする人が多いようですが、私は、あまり興味がないです。
 昔は使ってました。
 虎徹とか、鎌クロスとか。

 現在使っているのは、リテールクーラーと呼ばれる、CPUを購入したときに付属する標準のクーラーです。
 オーバークロック(CPUの周波数を上げる)しないのであれば、まあリテールで事足りるかなと思います。
 しょっちゅう、動画の編集などをして、CPUの使用率が高い場合は、リテールではなく、もっと冷えるCPUクーラーを使った方がいいかもしれません。
 温度が高いとCPUの寿命は縮まるようです。
 ……パソコンを普通に使っていて、CPUだけが壊れる、というのは聞いたことがないです。
 オーバークロックして壊れる話はよく聞きますけどね。

 あと、別売りのCPUクーラーって、静音に特化した製品もあるので、音を静かにしたい場合も有効でしょうか。
 究極はファンレスになると思います。


 メインPCで使うには勇気がいるかも。

 普通に使う分にはリテールクーラーで充分なんですけど、社外クーラーはそんなに高価なものでもないし、今度自作するときは、久しぶりにリテール以外のクーラーを購入してもいいかなと考えています。

関連ページとスポンサーリンク

 - パソコン、スマートフォン、デジカメ関連