まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

家で食べたもの

家で「のり弁当(のり弁)」を作ってみた

投稿日:2016年8月14日 更新日:

LINEで送る
Pocket

自家製「のり弁」

 お家でのり弁当をつくりました。
 以前ものり弁を作ったことはあったんですが、そのときはちょっとクオリティがイマイチでして……。
ほっともっとの「のり弁」をお家で再現してみる

 以前から、もう一度作り直したいと考えていて、ちょうどのり弁が食べたくなったので作ることにしました。
自宅で作るのり弁当
 材料は以下のものを使用。

  • 白米
  • 味付け海苔
  • かつお節
  • 白身フライ
  • ちくわ
  • キンピラゴボウ
  • はりはり漬け
  • のり弁当の作り方

     器にご飯を詰めます。
     昆布の佃煮(もしくはのりの佃煮。または鰹節などでも代用可)を散らします。
     上に海苔をのせます。
     きんぴらゴボウとはりはり漬けをのせます。
     竹輪の天ぷらと白身フライをのせれば完成。

     竹輪の天ぷらは、竹輪を縦半分に切って、天ぷら粉を付けてサラダ油でソテー。

     白身フライは冷凍品をサラダ油でソテーしました。
     火加減に注意しないと、外側が焦げて、中は冷たいということもありえます。
     外側がきつね色になったら火を止めて、あとはレンジアップするのもいいと思います。
    のり弁にはウスターソースか醤油か
     海苔の下は、個人的には昆布の佃煮が好きなんですが、買い忘れたので、海苔の佃煮(いわゆる「ごはんですよ」)にしようかと思ったけど、かつお節で代用することにしました。
     かつお節のストレートだと味気ないから、かつお節を砂糖醤油で煮込みました。地味に面倒です。

     自分でつくったのり弁当の味は――
     美味い。
     お弁当屋さん、ほっともっととか、ほっかほっか亭とかで購入するのり弁当とほぼ同じクオリティです。

    自分でのり弁当をつくった場合の原価

     のり弁当の原価を考えてみましょう。
     概算ということで。

    白米 40円
    味付け海苔 10円
    かつお節 10円
    白身フライ 50円
    竹輪 10円
    キンピラゴボウ 20円
    はりはり漬け 20円

     160円ぐらいでした。
     手間はかかるけど、のり弁当は160円(光熱費や容器代は別)ぐらいでつくることができるようです。

    Sponsored Links
    Sponsored Links

    関連ページとスポンサーリンク

    -家で食べたもの

    Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.