まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

無職生活・個人事業主関連

個人事業の開業届を提出

投稿日:2016年8月6日 更新日:

LINEで送る
Pocket

税務署に開業届を提出

開業届とは

 個人事業の開業届を管轄の税務署に提出しました。
 開業届は、在宅ワークの収入がある程度増えてから提出しようと思っていましたが、法律上は、開業して1ヶ月以内に出さないといけないそうです。
 提出しなくても、罰則はありません。
 確定申告をすれば、事業をしていると認められるので、開業届を出さない状態で事業をしている人も多いみたいです。

 開業届を出すと、青色申告ができるようになるメリットがあります。
 65万円の控除が云々……ということで、青色申告だと税金が安くなるそうです。
 あまり詳しくないので、そこら辺は勉強中です。
 恐らく、今年は、そんなに収入はないので、65万円の控除があろうとなかろうと、あまり関係ないと思います。来年からでしょう。

 30年前ならいざしらず、いまはネットがあるから便利ですね。
 知りたいことはグーグルに訊けば答えてくれるし。

開業届の落とし穴……?

 もし失業保険をもらっている場合は、開業届を出すのは待ったほうがいいです。
 開業届を出すと、就業している状態とみなされるので、失業保険は打ち切りになるようです。
 自分は、とっくに失業保険の給付期間は切れているので問題ありませんでした。

いざ税務署へ

 
 あらかじめ色々とネットで調べて、開業届の用紙も国税庁のHPからダウンロードして、記入した状態で税務署に赴きました。
 開業届は、審査などはなく、書類の確認だけとのこと。

 確かにその通りで、受付から終了まで所要時間は5分もかかりませんでした。
 税務署が混む時期だとかなり時間がかかるかもしれません。
 お客さんは、自分以外に1人だけでした。

 受付で番号札をもらい、別室に移動すると、間髪入れずに担当の人がやってきて、書類を確認し、2点ほど、記入漏れがあったので、それを埋めて終わりです。
 開業届と青色申告書は2部用意していて、1通は控えとしていただきました。
 控えは、屋号で銀行口座を開設するときなどに必要らしいです。
 いまのところ、個人口座を使っているんですが、いずれは専用の銀行口座も開設しようと考えています。

 屋号ですが、こちらに書いておきましょう。

 リエゾンソフト
 
 ソフトの開発をするわけではないから「ソフト」という名前はちょっと変ではあるんですが、いずれは、何かアプリの制作もやってみたいですね(いつになるか分かりませんが)。
 オフィス、企画、エージェンシーとか、色々と候補はあったんですが、すでに使われている場合が多かったので「ソフト」としました。
「リエゾン」の意味ですが、フランス語で「関係」や「連絡」「連携」という意味のようです。

 開業届に話を戻します。
 個人事業の開業届は、開業から1ヶ月以内に提出しなくてはなりません。
 事業を開始したのが今年の5月ぐらいで、6月度から収入が発生しています。
 提出は8月の頭だったので、2ヶ月以上過ぎているわけで、そこら辺を担当者から聞かれるかなと思ってましたが、完全にスルーでした。
 職員の対応はとても良かったです。

 法人化を目指してがんばります。

 ちなみに届け出に関しての手数料などは必要ありません。
 0円で開業届は出せます。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-無職生活・個人事業主関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.